7月20日(金) はれ

5匹いた猫もとうとう1匹

木曽に来たばかりの頃は山奥の一軒家で、そこから上は国有林、2kmほど下ったとこから燐家となる、やたら山の中だった。

引っ越し中、聞いた場所に向かうんだけれど、景色は木々と谷底に添われるように山深くなっていく。
こんな所に住居があるわけがないと運転しながら思う。
Uターンしようと思うも山道のことで道幅がなく、天然リスがおたつく車の前を駆け抜ける。
行けるところまで行くしかないと走っていたら、大きな木造物が出た。
大分から木曽へ越すにあたって、電話1本で決めた家。

住むにつれ、なんかさネズミがいるよねとなる。
日を重ねるにつれ、ネズミは大胆に出没、雑食、とにかくなんでも食べた。
見たこともない大ネズミが足をすべらかして上から落ちてくる、食器棚を食べる、幼稚園帽も喰った。

ネズミが嫌がる超音波のなんちゃらを取り付けたが効き目はなく、いよいよネズミ捕りを仕掛ける。
かかればカゴのまま車に乗せて遠くの山中で放すを繰り返した。

そんな事で猫を飼った。
ネズミに困っていると相談したら、猫飼えばいなくなるとあっさり言われた。
言われて飼ったはいいが、大きなネズミさまは猫1匹なんぞ舐めきって諸所を食み続けた。

そうこうするうち生活の糧に下宿をはじめ、下宿人2人が1匹づつ猫を飼った。
3匹飼ったら、ネズミはいなくなった。

翌々年、子が小学生になり、ここから学校に通えるのだろうかと。
冬場に雪降ったらどうするのだろう。
おりしも、家いりませんかと声を掛けられる。

そうしてうちが山を下りることになり、猫を携えて下宿生活は解散
うちは2匹を持って出る。

引っ越して数年後、子が子野良♂を抱いてにんまり立っていて。
その後、子野良2匹♀が居ついて総勢5匹になりました。
途中権力闘争に負けた♂野良は家出し、あと順繰り15歳で死にました。

最後の1匹は野良出自の弱猫のアマラ。

7-20o

暑いんだねえ
ここで寝てるのめずらしい

先だって不思議な事があった。

一昨年から物置にネズミが出始めていた。
やだなと思って。
アマラは狩りをするんだけど外狩りばかりで、内狩りをしない。

昨年、ネズミがなんだか居住空間に近づいてきている。
アマラさま、家のを捕ってくれよと願うも外狩りが忙しい。

とうとう今年、台所に出没
あらゆる所にフンを落としているのでありました。
あらゆるところに。
食い散らかし。

もろもろ片付ける。
飯島は、棚に扉を付ける。
全部は覆いきれず、いたちごっこ。

「猫を飼おうか」
そうなるよね
なんだけど、長い年月強猫ポンタにしいたげられていたアマラが伸び伸び暮らしていて、今15歳。
このまま穏やかに居させたい。

7月初旬、あまりのネズミ仕草に堪忍袋が切れる。
明日ネズミ捕りを買いに行くと決めた。

その日の真夜中、アマラの鳴き声が狩りをした時のそれ。
二階に咥えてきて、私の前にポトリと置いた。
こときれていたので、外に埋めた。
いつもは、ご本人様が食べるのです。

次の朝、玄関を開けたら別のネズミの死骸が置いてあった。

以来、ネズミの気配は終わった。

7-20p

ありがとうと思っています。

 

7月12日(木) くもり時々雨

今季2回、猿が畑に入った。
うちは畑が下手なので来ないとたかをくくっていたし
いつまでたっても下手な畑ははがゆくもあって

もともと畑でもなく樹木の苗畑だったらしい
入居したころは牧草地だった

開墾して畑地を作る
なんとなくそれっぽく装うような程度の畑だったが

良い物を生らせたくて気合を入れた、今年こそ!
(それでも周りの畑と比べると、葉の力が違うのだが)

猿来る

屋根から来た
どたどた歩いてんなと思っていると
他の猿がすでに入畑して芋を食べていた

コラーっ、ダメでしょそれはっ!
怒ると逃げた
急ぎ猿除けネットを買いに行き、芋の周りをぐるりと囲む
なんでもぺたぺた絡むいやらしい網で猿が敬遠するという説明書き

二日後、林で猿たちの声
屋根に飛び乗る音がして
畑を見るもいない
屋根を見上げたら、若い猿が畑を見ていた
コラーと言っても逃げない
缶をたたいて威嚇するも平気
一瞥をくれてそれどころではないとばかりに畑を見るその眼は澄んでいた。

目が合ってもいいのか!
猿と目を合わすと襲ってくると習った

どうも畑を値踏みしている風情
届かぬ場所できゃんきゃんと缶を叩きながら申し立てていたら去った
生り時になったら来るのか来ないのか

畑に出たら、網を結わえた支柱が倒されていて芋を抜かれていた

網、いやがりませんやん。

近所の姉さんは畑が上手
ちょいの間外出している間に芋をやられたそうで、なんと玉葱も

猿追いは、打ち上げ花火と畑から追いだし山まで追いかけるのが良いと情報を得る

あちら西の谷の猿は、女子供を小ばかにしていて逃げないらしい
こちら東の谷は、追いかけたら逃げるんだねえと言ったら

女だと思われていないのかもと
妙に二人で納得しました

打ち上げ花火を買おう
どどーんと大きい音のやつ。

 

7月6日(金) あめ

こちらようよう雨が抜けかけています。

そうすさまじい雨でもなかったのですが、この山の中だけなのかな
町場の一部には夜中に避難勧告が出ていました
木曽川の水量が危険水域に達したということでした。
大事にならずに雨は上がろうとしています。

7-6q

横殴りの雨が降ると雨漏りするのです
こうして雨を受ける
中にチリシを入れ、落ちた雨が周囲に跳ねないようにします
しとしとと真っすぐ降る雨でいてくれると、雨漏りしないのですが

この家は三代目で築30年になる
うちの代になって25年
初代(4人家族)が平地に台所と屋根裏を作り暮らし
二代目(夫婦2人)がそれに居間を作り足す
三代目(4人家族)のうちが住んで6年目にして、木材倉庫を持っていくならあげるよと言われて解体し運んで、ここに再現する形で建てた
というか継ぎ足した

横雨だと継ぎ目から雨が漏れる
都合3カ所

嘘です
今や5カ所漏れる

まあ漏れる所は決まっているのでバケツや花瓶を置いて待ち受けております

それは懐かしくもあって
子供の頃聴いた音がよみがえる
チントンシャンとカタカナの音

置く物によって音が違う
好みはガラスです
プラの音は色気がない

7-6

ざんざ雨でしっこに出るのを躊躇しておりました。
そろそろ上がりそうですよ。

 

7月3日(火) 展示会のご案内

ヒグラシが鳴きはじめ夏がきました。

展示会のご案内です。20187dm

「三手三様展」

場 所 ギャラリー雲母
    三重県四日市市安島2-3-19
    南川ビル2階

日 時 2018年7月14日(土) ~ 7月29日(日)
    11時-17時15分(月曜定休)

展示作家
卵殻 泉健太郎
漆絵 瀬尾 誠 
竹  飯島正章

作家在廊 7月14日(土)

漆芸や竹工芸の装飾系の仕事になります。
それぞれの装飾仕事は昨年のものつくり「三手三様」をご覧ください。

どうぞお運びくださると嬉しいです。

三重県のギャラリー雲母での展示会です。

 

6月30日(土) くもり時折晴れる

梅雨が明けたんですかね。
去年は梅雨時期に晴天が続き、夏になって雨天曇天、10月終わりに台風。
木曽に来て25年、昨夏は初めて30度を超え扇風機を回しました。
それでいて冬はいつもより寒かったという気温差の喧すかったこと。

明日から7月になります。
7月はお休みを頂戴いたします。

8月は通常営業です。
どうぞ涼みにいらしてください。
木曽は湿度が低いのです。
お待ち申し上げます。

6-30t

 

 

6月12日(火) くもり

Picture2

朴葉寿司を作る

三種類はメインがサケ酢〆・エビ・ひき肉甘辛
そこに旬を併せる
ワラビ、蕗、淡竹、茗荷

地域によって食材が違い、木曽ではサケを焼いたのとかフレークが多い
そこにアサリのしぐれ煮や旬の物が入る
それぞれのご自宅の味があって、いただけば美味しい
うちの場合はここ数年作っているくらいでこなれた味がないから、好きに載せている

IMG_1199

IMG_1232

今年は大家の爺ちゃんちの朴の葉をもらって作った

IMG_1264

葉が綺麗でびっくりした

朴葉寿司を作りたくて、うちの庭に朴の木の幼木を植えたのが10年くらい前
ようやく作れるようになったのが4年前

なんと今年、朴の木の葉が縮れてしまう
詳しい人に聞いたら、たぶん感染じゃないかと

すこぶるショック

植えた場所が混んでいてよくなかったのだろうか

また一から出直しでございますよ
幼木を見つけねばなりませぬ。

(長野、岐阜辺りで朴の葉を使う地は、飛騨山脈と木曽山脈の間の一部だろうかしらね。木曽山脈と赤石山脈の間になると朴葉物は作っていない様子で、清内路峠を越えずに留まったのだろうか。)