月別アーカイブ: 2016年7月

7月30日(土) くもり時々はれのち雨

昨日の朝の雉さまは
薪割り用の丸太にのっていました 
長いこと、毛づくろいにいそしんでおらっしゃいました
30分超え
猫みたいだなあと思った

 1

2

4

3

5

6

なんか面白いことしでかすかもと、カメラ持って付き合うわけです
丸太から落ちるとかありそうで
ずっと見てしまう
時々は、目が合う

ぼやっとカメラ持っていましたら、なんと子がでてきた
いつかは、お子が見れるかなあとは思っていたけれども
よもやの初登壇

ko1

かか様もでてきた

7-28oyako

かか様と一緒なんだよね
とと様は先発の見張りだったわけか
そうしてちょろちょろっとして、かか様が離れる

ko3

あそこつっつきここつっつきしてごはんを食べ
みな一緒に去りました
 
なんか嬉しかったのでおこびるに団子を作りました

7-272


晩御飯は、とり天つくりました

7-273 

とりはスーパーで買った鶏ももです
とり天は、ももが旨いです。

7月23日(土) はれ

野菜が採れ始めて、胡瓜をもらう
うちも採れ始めたので、今後も予想される大量の胡瓜の保存が必要になってくる
保存できると、始末が良くできた気がしてさっぱり落ち着く

 
干して、漬ける
干すと甘味が増すから、砂糖は使わなくて醤油と酢だけでよろしいとの事だったのでそれにした
 

天気も上々な日を選んで、その通りに輪切りにして天日に干した
正午すぎ、どんだけ乾いたかなと見に行ったら、バッタがキュウリを食べていた

えええーっと思って、でも面白いのでカメラを取りに戻って外に出たらまだ食べていた

7-23batta


他のも食べられると何なので、キュウリごと箸で摘まんで遠くへ移管

7-23batta2

 

どうせ移すんやったら、日蔭に移してあげたらよかったな

 

色々渡り歩いたかもしれないから漬ける前にキュウリを洗おうかとも思ったんだけど、干したの洗ってもとに戻してどうすると気が付いて、そのまま作りました

 

7-231

 

きゅうりの浅漬けです
生姜と青紫蘇をいれました

 

 

 

7月22日(金) 晴れのちくもり

はじめて梅干しを漬けた
どういうわけだか、漬けたこともないのに苦手意識があってずっと鬼門になっていた
それが今年は沢山梅をもらい、周りの強固な後押しがあって漬けた。

梅と塩を甕に入れた次の日、知り合いとメールをしていて、1kgの梅に80%の塩を入れたと伝えたら、ありえんと返信がきた
そうかなと資料をみたら、18%だって
あわてて甕から出して、もう一回塩を測りなおして漬ける
梅の塩漬けになるところだった

それから5日後、梅酢が上がってきません
塩の梅漬けのまんま
 
ポリ袋を使うと上がると聞いて、ポリ袋に替える
梅酢が、あがりました

 

いつ干そうかと考えていたら、知り合いが去年の梅干しをくれた
それがすごい美味しくて、来年のためにと作り方を聞いたら、ポリ袋は旨味が逃げそうだから甕にした方が良いと言われる

その口調から、しみじみそんな気がするので、電話を終えて速攻で甕に移し替えたのでした

 

7-23q  

 

7月19日 (火) はれ


昨日の夕方
この時分になると、ひぐらしの声
干した竹を取り込んでいるところで、笠は南木曽の桧笠
変わらぬ風景
ふと思い出した

7-19

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

三年前の七月
かぶっているのは歌舞伎で使う饅頭笠
竹で出来ている

小道具屋さんからこれと同じものを制作してほしいと使いこまれた笠が届いた
「この笠を作っていた職人が亡くなり、制作者がもういない。何年かかっても待てるから」

職人さんの御存命中に在庫を購入していたそうで
だからその笠は、ばらして作り方を見てもらっても構わない、在庫は用意しているから待てる

亡くなられた職人さんは、山形県で仕事をしておられたので、山形に行くつもりでいる
使っていた仕事道具がみたいのだそうだ
果たして、残っているのかどうかすら分からず
残っていなければ難儀しながらそれでも何とかするのだろうと思う

先だって、南木曽の桧笠を作ってみえるお婆さんと話し込んでいた
帰る車中で、なるほどそういう事だったのか、あの部分は理解できたとパズルが解けたような笑み

竹を干す外仕事、大きな笠を暑さ避けにかぶっているのかと思ったら、かぶって動いてみて、その按配を知りたいのだそうだった

最近、待つということが大切なんだと思う事が多い
この仕事にしても、納期が半年と切られてしまっていたら、何くれ考えることなく山形まで行こうと思わず、形だけを似た風に作るしかなかっただろうと思う
使う方にも作るほうにも、どちらへも果実が落ちない
まあ、そうだったらその前に請けなかったかもしれないな

手技の繋ぎ方、こうした時間のかかる手合いの段取りを
経験値からご存じの仕事師が小道具屋さんにおられるんだと思った

 

7月15日(金) 曇り時々はれ

北杜市の歩ら里で展示会


竹工芸閑の展示会おしらせです
7/14日(木)-7/25日(月)
峠のギャラリー 歩ら里
山梨県北杜市長坂町中丸1726

歩ら里

竹籠と更紗の展示会になります
更紗 : 銀座灯屋、歩ら里のコレクション約50点
竹工芸: 筥やバッグ、小物の約50点

明日16日(土)・24日(日)在廊しています

筥

筥

7-133

7-156

7-158

どうぞ、お立ち寄りください
ギャラリー歩ら里、建物も必見です
茅葺の屋根の形が、すごいなって思います

 

7月14日(木) はれ

昨日のざんざ雨から一転晴れ
下手な畑も生りがいい気がして嬉しい

この家に越してきた時、紫陽花が植わっていた
住んで20年あまり、紫陽花は一度も咲かなかった

それにしても咲くことがないので、幾度となく堀り捨てようかと思ったり
花屋に元気な紫陽花があると買ってかえろうかなと思ってみたり
でも、毎年葉のつく紫陽花が忍びなく、そのままにして20年がすぎた

昨年秋、紫陽花を移植した
紫陽花のあるその場所を畑にしたくて移そうかとなった
これだけ咲かないんだから、もう移したところでムリだろうと言われれば
それでも生きてるじゃんと返す

花を期待することなく
玄関脇のあまり陽のあたらない場所に移した

7-13q

咲いた
水色だったんだなあ