8月19日「木曽の蝸牛と金城さんの木の匙展」その3

一年ぶりの松本の出張ギャラリー、今年はクラフトフェアの参加もなかったので、あら出てないじゃないの(落ちたわね)と思われた皆さまがた、飯島ともども蔵シック館の土間で相変わらず笑ってお待ちしております。
どうぞお出かけくださいね。

古民具のかごとか、ねこはんてん、閑の小物のこっぱち、平鉢、一輪挿しなどを持っていきます

8-199
古いかご

8-194
一輪挿し

8-19

会場で盛り皿の注文を承ります
この秋に竹を伐りに行ってからの制作になります。

亀甲盛り皿
36cm 15,120円
30cm 14,040円
22cm   8,640円

麻ノ葉盛皿
22cm 14,000円

どの寸法の皿も底三方に、脚がついています
使い方や仕舞い方、制作方法等等、気軽にお声がけください

古民具の籠は、50円~3万円まで
ねこはんてんは4,000円と5,000円

明日一日の出張ギャラリー、どうぞお出かけください
(表示価格は税込みです)

 

8-193

閑の手道具
竹割り包丁
右が竹を荒く割る「荒割り包丁」、左が竹を薄くしたりする「薄剥ぎ包丁」
町の金物屋で買ったレジャー鉈です
荒割り包丁はそのまま、薄剥ぎ包丁はレジャー鉈を切って短くし刃先の角度を変えて使い勝手良いように細工して使っています。