月別アーカイブ: 2016年9月

9月29日(木) 雨

古物の話

祝い籠、広島で使われていた籠だと思う

9-295

ずいぶん前に「あるくみるきく」という冊子の、竹と藁編で広島の祝い籠を見た。
この冊子は、民俗学者の宮本常一が所長でいた日本観光文化研究所が昭和42年から昭和63年まで発刊したもので、「日本観光文化研究所(観文研)」は近畿日本ツーリストの社内組織だった。

そこで宮本常一さんから籠や笊を集めて歩いてみんかと言われたのが、工藤員功さんだった。

暮らしの中の竹と藁より
(著-工藤員功 監修-宮本常一・高松圭吉・米山俊直 編-日本観光文化研究所 )
『 —  民具の収集に情熱を傾けられていた先生の頭の中には、急速に失われていく竹細工やわら細工を少しでも多く収集し、保存する必要を痛切に感じておられたからでもあったと思う。民具の減少は竹細工やわら細工に限ったことではなく、織物にしても陶磁器にしても、刃物にしても、木器にしてもすべてがそうであったが、宮本先生はそれらについても竹細工やわら細工同様に考えておられ、それなりの手を打っておられた。私の仲間たちがそれぞれテーマを与えられ、歩いていたのである。そしてたまたま、といっては少々語弊があるが、正直なところやはりたまたま竹細工と藁細工の収集テーマが私にまわってきたのであった。 – 』

工藤さんがうちを訪ねてみえたのが昭和64年、別府の竹訓練校を卒業して東京に住んでいた時だった。自分の中には全くなかった民俗、そこから籠を見てみるという事の芽生えでもあったかと思うが、芽吹くまでに20年くらいかかった。その年月が必要だったというか。

今でこそ、道具として無駄を省かれ作られた籠の潔よさに惚れ惚れし、正反対なような細かな技巧を駆使した装飾系の編組品にも惹かれる。
そのどちらも自分の中では同じで、籠って美しいなと思えるまでに20年を要したのだと思う。
でもまあ民俗と言うには勉強していないのでてんで口はばったく、まだまだ使えるという籠を使ってくれる人へ渡す機関みたいに古物も取り扱っておるのでした。選ぶ視点は作る側からです。

前置き長くなりました。

祝い籠
祝い事に、鯛などの魚を入れる籠

9-29

これの珍しいのは、木の箱におさめるんですね

9-291

木箱は欅
空いたところに酒でもいれたろうかと想像します

9-296

こうした四角の籠を通称で角物と呼びます
縁の造作、くるくると籐で巻いているのは竹の小口が見えないように隠すための技法で「芯巻き」といいます。
この蓋の場合は、祝いごとでもあり意匠かなという気もします。

9-299

こちらは、納まる所に納まりました祝い籠
右の籠は上記祝い籠と同じ職人の仕事じゃないんかなーと、伝わる風合いから勝手にそう思っている
ほんと潔い籠

日本観光文化研究所も時代とともに終わり、工藤さんが全国を歩いて集めた編組品は武蔵野美術大学民族資料室へと移ったそうです。

 

9月27日(火) 曇り時々はれ

9月のオープン終了しました。
ありがとうございました。

ようよう晴れ間がでました。
連日の雨と曇り、外に干してある竹も乾かず難儀しています。

籐の一輪挿し、作り始めて22年になりました。
形が変わらぬままのロングランです。

9-272 

9-27q

あけぼのそう

二種類の一輪挿しは、中に試験管が入っています
籐は、水に濡れても大丈夫です
さっと水で流して、汚れを落とします
中に葉とか残ったときは、箸や竹串の先端に綿棒をテープで巻いて装着し
こすって落とします

9-274 9-277

虫ピンとか画鋲で留まります
虫ピンの時は、ピンを少し斜めに打つと水と花の入った一輪挿しの重みが逃げて安定して留まります

15日間オープンの後は15日間のお休みとなりますので
挿している花を集めて、持ち帰ります。

9-27

黄緑ばかり
集めて気がついた

家から店までの道すがらで摘みます
毎年同じ花を摘んでるんだな
花が決まってきていて面白い感じします

10月に摘みたくなるのはリンドウなのでした

9月21日(水) すすき梅雨

唐辛子を作ったので、保存を調べる

YAHOO知恵袋より
「まだ8月半ばになったばかりですから「青々」としている季節です。
8月末ぐらいからボツボツ赤い実になってきますが、この頃から9月末頃までが艶々の青と艶々の赤が入り混じって、一番綺麗な頃です。
10月半ばになると殆どが赤くなりますが、ここから辛抱が必要です。
ここで艶々の赤い実を干すと乾いた時には赤黒くなってしまいます、植えたままにして1ヶ月ぐらい待つと自然にシワシワになりますから、ここで根っこごと引き抜いてザッと洗って土と埃を落としてから逆さ吊りして最後の乾燥をすると透明感のある赤い唐辛子が完成します。
今でも農村地帯では、庭の柿の実が赤くなる頃に軒下に唐辛子が干してあるものです。

でもこれは香辛料として保存する唐辛子の作り方ですが、青いうちに焼いて食べる辛みの少ない青唐辛子もあるし、赤い生の唐辛子を炒めものに使う料理もありますね。」

美しい答え、そうします。
籠の中、ぽつっと赤くなったの数本干しました。

9-21

9月19日(日)

栗が実って、熊や猿が忙しそうです。
店のあたりも少しくだったところの道に現れております、5月以降3回拡声器で注意が促されました。

小熊は可愛いので車を止めてみたくなるのですが、見えなくても母熊がそばにおります。子を守るため車に当たってくることも無きにしも非ずですので、通り過ぎてくださいね。

私が知る限りですけども、里に現れた熊が人と対峙するのは今のところ耳にした事はなくて、大概は人が山菜やきのこを採りに山に入って遭ってしまったときに、事故になっています。(あくまで知る限りですが)

そういうわけで、歩かずに車でお越しくださいね。

さて
熊の話の後でなんなんですが
猪の足を貰いました。

捌き方を習いまして、飯島が力技で包丁を入れました
その後を引き受けまして、露わになった骨を煮ました

9-16

骨で出汁をとり

9-192

肉野菜煮込みうどん

そして次の日に

9-195

猪肉と夏野菜のグリル
爺ちゃんに貰った栗でごはん

味覚の秋ですわ
じきにキノコの季節です

それにしても猪の足1本から取れる肉は大量でした
残りは冷凍保存です。

 

9月13日(月) 

9-134

木曽上松町の七つ鉢

今年の春、町内のお婆ちゃんに見せてもらった
七つ鉢って、曲げ物なんだと思っていた
楢川村の「七つ鉢」は曲げわっぱだし、鉢というと丸いものだとはなから思い込んでいたわけです。

お婆ちゃんと話していて、七つ鉢を見にいらっしゃいとお誘いをいただいて、見たくてしょうがなくて見に伺ったら、なんと丸ではなくて四角の指物の箱でした。

9-133

蓋と身があり、収納する時は別々にスタッキングします。
蓋はお盆にもなるそうでした。

9-14
珍しい物だかどうだか知らないんだけれど、木曽の昔の道具をお店に置いて見てもらってはどうかしら、興味のあるかたいらっしゃるかなと、預かりました。
非売です。

切り溜めという箱があって、大概は切った野菜を入れる箱と聞いていて、それと形状が一緒。
これは切り溜めじゃないんかなと、でも七つ鉢、切り溜めを七つ鉢というんだろうか、七つ鉢が切り溜めになったんだろうかとぐるぐる頭の中で考える。

どっちでも良いか
ただ、木の豊富な産地で出来上がってきた物なのかも

ここでは冠婚葬祭の時に料理を入れて使ったそうで、おにぎりや、木曽の儀式で賄われる「おおびら」という煮物、そして酢の物など

そして七つ鉢は、四隅に布着せ(麻布を漆で貼る)をしてあって、四辺を刻苧(こくそ)というこれまた漆の技で使う材料で埋めてある
酢の物入れても漏れなかったそうだった

大正10年作
木の巾、1cm強
材は檜かさわら、よくわかりません
組み手
漆塗り

格好良いなあと思ってさ

9-142

置き口は鉋をかけて、はすに斜めに昇り、頂点が揃う

職人が腕を見せたかも
すいっと。

さても「木曽の七つ鉢」楢川村が曲げ物、上松町で指し物、ならば南木曽は挽き物なのだろうか。
今度、南木曽は木地師に聞いてみます。

 

9月10日(土) はれ

朝6時気温13度、薪ストーブの点火。

木曽に来て20年、秋のないところだなあと思っていたら
去年、秋があった

秋がないというのは、お盆が終わると途端にすいと冷え込みあれよあれよと冬に突入していたので秋を感じるいとまがなかった
それが去年は例年よりも気温が高く秋が長く、なんとも美しい紅葉が出現した

針葉樹が多いから木曽の紅葉は優しい色なんだなと思っていたら、何のことはない紅葉するも、あっと言う間に終わっていたのではないだろうか
今年は、どうだろう
ちょっと楽しみ

薪は丸太買いする
丸太を薪ストーブの大きさに合わせてチェンソーで切って、斧で割る

おおよそ3トンくらいかなあ、それで1年間を賄う
外で薪を焚いて竹を染めるから、きっと普通の家よりは多く使うと思う

9-97

私はやりません
丸太重いし
チェンソー怖いし
斧で薪割るのむつかしいし
なので文句を言わずに飯炊きに専念します
近所の姉さん方はチェンソーもビーバーも出来るので、すごいなあと思うのよ

飯島選手、今日は伊那の飯島町に竹伐りに行くそうです
晴れてよかった
お土産に権平峠古町あかはねの和三盆ロールを頼みました
伊那方面は飯島ロールが有名です
私は権平ロール(勝手にそう呼んでいる)が好きです

蝸牛、本日より営業です
模様替えいたしました、どうぞお立ち寄りください。