11月14日(月) くもり

 安曇にあるグリンデルという蕎麦屋のカフェというところに行ってきた。(安曇野ではありません)
知合いのイタリアンのシェフが、グリンデルの蕎麦はおいしいですとおっしゃるので、ずっと気になっていて、ようやく。
ザルと蕎麦がきと天ぷらをいただく、おいしかった。

うちは蕎麦通ではなくて、お客さんに聞かれて答えられるように、いろいろと行くうちに、旨くないなという蕎麦はわかってきたような気もするってくらい。おいしいと思える蕎麦は、何と言うか、しゅんしゅんしている。

後で鴨汁蕎麦もおいしいと聞いて
注文する時悩んだんんだよー、ザルにしようか鴨にしようか
今度は鴨汁蕎麦をいただこうと思います。

帰路に奈川村の清水牧場のチーズは、山のチーズとプティ.ニュアージュを。
木祖村のバーゼのパンを数種入手して喜び。
農協でワインを買う。
ワインは失敗、一升瓶で売られているようなジュースみたいなワインでござんした。
おとなしく、井筒のメルロにしたらよかったよ。

木祖村から奈川村、すず竹の多い事に、びっくりした。
木祖村はすず竹が多いと聞いていたものの
道路際でこれだけあると、山中はどんだけあるんだかやと。
入手したすず竹の行李の角が破れているので、修理しようと思っていた矢先で目があっちこっちと忙しかった。(修理するのは飯島でございます笑)
近所にもすず竹あるので、木曽の竹細工は、すず竹が多かっただろなと改めておもった。
数年前に、開田村で麻を績む時に使われていたすず竹細工のおぼけを見たとき、細かで美しかった。寒さのあまり、そう大きく育たないからすず竹を割っても細く、だからこその繊細さかと思った。確かに素材に頼るところもあるのだけれど、作る人の意気みたいなんはあるなあと。

さて、行李は東北から、みだれ行李かな

11-142

11-143

11-14

裏面の角2か所に破れ
これ、ほっとく手はないよなあ
寸法 縦42cm 横65cm 高さ15cmで、絶妙な寸法にそそられております。