2月18日(土) くもり時折晴れ間

 

タペストリーを作ろうと思って、数年前に作ってしまいこんでいた物を出してきた。
寸法、編み目と木部のバランスをみたかった。

2-3

すっとした細いのを作りたいと考えている。

2-3ee

連続花桝網代(れんぞくはなますあじろ)

 

tape

ちなみにこちらも連続花桝網代(個人所有です)
高さ150cm
竹部は私、木部制作は飯島です。

40歳過ぎてくらいだろうか、あ、網代好きかもとなっていった気がする。
こうした模様を組むのも、いたってシンプルな三間網代も好きだ。

20代で竹の訓練校に行き、30代後半に木の専門校に通った。
木は木材工芸という部門。

飯島に竹の編組と木をこういう風に組み合わせた箱ものを作りたいと言ったら、それは構造的にムリと無碍なく言われ、ほんとかそれと思って、木の学校に入った。

2-18

学校の授業で案を出し、作ったのがこれ。
なに、難しい技術を使ったものではなくて、角を45℃にしてボンドのみで留めている。
「簡単留め」とも呼ばれる手法。

鏡面に竹ヒゴ、そしてこの頃はまだ何も知らなかったので、両面テープで木につけている。
課題だったから、模様編みも入れて、5本作った。
これだけが手元にある。

16年使っていて、とはいえ、線香を入れているだけなんですが。
それっくらいの使用だったら、耐えうる作りでございます。

もっとも留めとはいえど、からくりの職人さんが教えてくださったので、強度と耐用年数が、やはり有るんだと思う。
この年数使っていて、ばらけないもの。

2-183 2-182
木部は神代タモ、フィニッシュはオスモオイル。

上松技術専門校を卒業してこの方、ただの一度も機械を回したことはありません。
うちは竹の工房と木の機械場とあるのですが、機械場には行きません。
機械、こわくてムリ。
とくにね、昇降盤ムリ。