2月26日(日) はれ

温度も高くて、心地よい日。
春の香りがするなと思いつつ。
まだどっかん寒い日も来ると思われますが、暖かい地域の桜が咲いたと聞くと、うれしい。

竹のバッグの最終工程、組紐の端の処理をしました。

2-26

鎧挿しのバッグ
丸みを帯びた横長の形状ですので、内布は布のひだを生かした巾着にします。
巾着に組紐を通して結ぶ
結びは、「男結び」です
これを締めて、二つの紐を一つにします

2

バッグは籠本体を作り、縫い手に布をお渡しして縫製をお願いします。
できあがってきた籠に装着された巾着に紐を通し、端末の処理をして、ご注文のお引渡しになります。

 3

持ち手は竹で、籠本体と持ち手とのつなぎの籐の中には、強度を持たせるための「皮」を忍ばせております。

バッグを作り始めて3年くらいして、つなぎの籐が切れたのでとお直しをいただきました。
その時に、どうすれば、何を使えば不安なく、籐が切れずに強度が保てるかと考えて、いきついたのが「皮」でした。
以来、そうしています。

 

6

画像中央は鎧挿しの(大)
横幅 : 36cm
厚み : 12cm
高さ : 16cm
大・中・小とあります。

バッグと筥は本当にコラボで、籠、布、組紐があり、そして縫製が必要な場合は縫製を頼み、相まって1つの物になります。
それぞれの仕事が遠慮する事無く、それでいて出すぎず、そうして1つの物になると作る側の手離れの良い、使ってもらって気疲れしない物になるような気がします。

気兼ねなく使えますように、そして、お直しももちろん承ります。

 

IMG_0319

鎧ざしの底。