4月4日(火) はれ

3年前の冬の教室の課題だった網代の文庫、白竹での制作

4-24

冬の教室の課題は、飯島と二人で夏くらいから試案する
メンバーを思い出しながら、どういうのだったら作って使って喜んでもらえるかなってとこから始まる
そして、どういう案配の技術にしたら、時間内に完成できるかなとか
意外でしょうが、考えておるのです

2015年課題、網代の文庫は冒険でした
冬の教室は1月から3月の期間、5回か6回のコマ数で作ります

時間内にできなかったら、わざわざレギュラーの教室に来ていただいて補習授業で仕上げてもらう事になるのです
それで、これはそうなりました、すみませんって感じでしたが、決め決めで回るよりも融通がまかり通って面白かったりもします

去年ふとしたきっかけから籠が好きな人って、布も好きな人が多いんだと改めて気がついたのです

今季の冬教室の放課後、前に作った文庫に布を張るという段取りのみのご紹介だったのですが、見てもらう都合上、自分ちのをサンプルに使いました

自家用で領収書入れにして殺伐と使っていたのだけれど
布を張ったら、こくっとしたのを入れたくなるのね

4-4

仕舞って、時折開けては納得するというか
じみっと独りで喜ぶというか

そんな感じを、改めて気が付きましたしだいです

そういうわけで冬の教室、この課題だったら、時間が余るよきっとと勘がささやくとき
作るのを3個くらい用意して、迎え撃っておりますのでした

4-47

2013’ 買い物籠メイン ござ目バージョン

4-48

2014’メイン 茶碗かご 麻の葉バージョン