6月29日(木) くもり

今日からまた通常の営業です
余震がありますが、てかほとんど分からなくて地震履歴を見ては、あるんだなと思っています

木曽の面積は約1,600km²で、香川県の1,900km²とそう変わらなくて広いです
その90%が森林と言われています
郡内だと近いようで、無茶苦茶遠いようでもあり
それでも地盤は花崗岩が多い土地柄、警戒はしています
地震の後、大雨が来なかったから良かったなと思って
大雨が降ると尚更に土がゆるみますもんね

災害に関しては自分の中では、家屋の経年数を1つの指針としています
蝸牛のある家は、明治元年に建ったもので、その集落は皆、そのころに建てられた建築物です
自宅のある集落もそうで、150年がそのまま在るというのは、大きな被害に合わなかったという事だろうと考えております

遠方から足を運んでくださるお客さまもいらっしゃるので、今後も何かあったら自然の状況はこのHPであげていきたいと思っています
危険かなと思ったら、書きますね
こうした事は、はっきり事前に分からないので、震度4以上の地震やそれ以後の雨量とかで判断したいと思います
あと勘は、ご近所頼みです
まあ何しろ、自然の大きいところです

皆さま、ご心配をおかけしました!
大丈夫なのかと気にかけてくださった事、感謝しております。

6-29q

地震の次の日、雉様の声がしなくて姿もみえなくて、どっかに避難したんかなと思っておりました
その次の日に、クケーっとさんざめく子雉の声
いたんだと半ば安心して外に出ましたら
うちの猫が、追い回していました

失敗してふて寝しているところです

幸い、成功したことはありません。