月別アーカイブ: 2017年7月

8月1日(月)曇りのち晴天一時どしゃぶり

竹の盛り皿を使っているところの画像をいただいた

8-1t

8-1w

縞瓜の粕漬の一工程
縞瓜を洗って、水切りしているところだそうです

「すべての行程が美しいと思う」と添えられてあって

それ読んで写真を拝見して
ほんとにそうだと思った

家で作り物しているときって、気負うでもなくて
独りで喜べるのがいい
地味なんですけども
仕事とまた違う居場所というか

仕事には、それ用の道具があって
自身には、自身の時を大切にできるそうした道具があって
時も道具もまた、静かだなあ

胡瓜を今日も干す
今年はほんとよく生る
晴天をにらんで干す

8-1q

干すには、縁の低い籠がいいのです
空気がこもらず抜けていける

梅を干すときは、竹皮が表面にある籠だと赤紫蘇の色が竹に染まらない
竹の内側が表になっている籠だと、竹は赤く染まります
気にならなければ何ということもなく、籠が染まっても使うのに支障はありません
どう使いたいのかで選ぶのが良いのでありました

干すというアイテムでもう一つ

8-1u

小イワシをいただいて、唐揚げと甘辛フレークにし
中くらいのイワシは目刺しにと思ったら、曇天
冷蔵庫で干しました
深さのある籠で、ラップなしにそのまま冷蔵庫です

ちなみに、これはうちの籠ではありません
買いました

竹串も買いました

 

 

7月28日(金) 曇天

7-283

思いっきりよく曇天
梅雨の間、カンカン照り多く
梅雨明けから曇りだったり雨だったり

芋が掘れない
梅は、まあまだ漬けとく

ところで、飯島がサルビアの苗をいただいてきた
サルビアね、苦手なのです
小学生の時に、赤いサルビアと黄色マリーゴールドの凄まじい色の取り合わせを見ていらい苦手

花いっぱい運動のそれは、行った先々でよく目にする
もしかして他の取り合わせもあるのかもしれないが、こればっかが目に入るのだろうかしら

さて、持ち帰られた苗を見て赤赤赤赤いサルビアが浮かんで一瞬ひるんだものの
大切に育てられた苗、ご自分で種から育てておられることを知っていたので、大切にせねばと鉢に植えかえる

それで
頂戴したサルビアが花開いたら

7-28

涼しげに美しくしていてびっくりした

これを知らなかったら、サルビアは黄色とセットでああしたもんだと思い込んでいたでしょう
いっや目から鱗。

 

 

 

7月22日(土) はれ一時あめ

22-3

デジカメラのボタンを一つ触ったら、あれよあれよと訳わからなくなってしまった
戻し方もわからず
機械音痴なので、何も触らずにきたのですが、なんとな事になってしまった
ちゃんと撮れたり撮れなかったり
そのうちなんとかなるでしょう

店内です

22

7-172

22-6

7-173

小栗蔵太
ジャムヘラ、カレーヘラ、シチューヘラ
寸胴用のヘラ etcヘラ
菓子きり
しゃもじ

2,300円~26,000円
黒檀と栃の縮緬杢の剥ぎ、島桑とか材種によってのお代になっています

どうぞ、お運びくださいまし
ここでも30度超えましたが、湿度が低いのでクーラーはなくてすんでいます

ところでアチャールできました

22-5

気持ち粉っぽいのかなあな仕上がりになった
手書き説明に混ぜすぎると粉っぽくなりますと書いてくれていたので
混ぜすぎないようにとやったものの

今度は、あれより混ぜないようにすれば良いのだな

でも結構いける
好みでもあるのですが
時間が経ったら熟成して、もっといけてると思う
ぽりぽりぽりぽり、つまんでしまうので
熟成する前に、終わりそうな気もする。

7月20日(木) はれ

 

ようよう梅仕事がひと段落
梅干しと梅サワー、梅シロップ
そして梅醤油

好きなんだよね
黙々と保存を作るのが

瓶詰がことに
瓶にそそられて、そわそわしてきて、詰めたくて、それを保存したくてつくる

7-201

「ゆで卵と玉ネギのピクルス」と「ミントにしょうがを混ぜたシロップ」
「魔法のびん詰め」の本の通りにつくる
卵は6個入っています。
これで、オープンサンドを作るとおいしい。
ミントシロップは、本のレシピを参考に、しょうがも混ぜてみてつくりはじめたところ。

去年、知人に胡瓜のピクルスみたいなのをもらって、うっわ美味しいと思って
作り方を教えてくださいと言ったら、説明書きをスパイス付きでくれた
ものすご、分かりやすい
「アチャール」というそうだ

7-204

作りたく思ったものの

去年は胡瓜が
はずれた
畑に苗を2本植えて、2本しか生らなかったのでした

今年は、なんだか生ってくれているので
つくろうと思います

7-202

いまここ
今日は、胡瓜を干しました

あだこだ
あだこだ
やっていたら

ひぐらしが鳴きはじめた

7-209

 

 

 

7月13日(木) 曇りから晴れへ

 

7-13

緑の色が好きで、この時季はこれを探し
見つけると摘む
しかも毎年

2016-3

2016’

2015

2015’

2004

2014’

2011

2011年7月

写真のストックを繰りつつ
なんとかの一つ覚えな気がしました

2012、2013年は、写真がないけど、挿してると思う

 

 

 

 

7月12日 タペストリーを作る5・完成

タペストリー、ちょいと仕事場を覗きに行きそこなっておりましたら
出来上がっておりました
木部の制作工程なしで
完成のアップとさせていただきます

7-123

竹編組  真竹 染め
木 枠  栗 着色 オイル仕上げ
寸 法  縦:90㎝ 横:19cm

7-12

7-124

 

7-44

2階、お蚕部屋
左から古物の竹花入れ、中央タペストリー、右奥に古物籐の掛け花入れ

どうぞ、ご来店をお待ちしております
谷間をひぐらしの声が響きはじめました。