10月10日(火) 秋っぱれ

IMG_3648

伸ちゃんから「自家製とっから」をもらった
米麹を醤油に漬けて、それに辛南蛮と砂糖を混ぜ火にかけるのだそうだ

作り方を習い、木曽福島にある小池麹店に麹を買いに行く
前に麹のツアーで店奥を拝見したことがあって、壁や階段が土や石と言おうか、昔のままにちょい今を足した風で商っている
若旦那の言うには、味噌も手で作っているとその日の環境に添う案配、手加減で味ができてくる、そこに醍醐味があると

甘酒を仕込むときにここで麹を買っている
そう聞くと、甘酒が滋味ありがたく思えてきた

とっからは山形の「あけがらし」に似ている
あけがらしが好きでお取り寄せをしているのだが

何あそこまでとは言わない
出来る気もしない
ああした手合いに似た感じのような物を作ってみたかった

104

甕に米麹をあけ、醤油を注ぐこと 1:1.5
一週間くらい毎日混ぜる

103

多分自分は混ぜフェチじゃないかと思うふしがあり
混ぜて日々変わってくるところに喜びを感じる

塩麴は、そんなに興味がなく
醤油麹にはまりそうなのは、醤油が好きだからかと思う

それで、砂糖の代わりに甘酒を用いようと考えつき
甘酒も仕込んだのでした(甘酒担当は飯島)

昨日醤油に漬けたので、一週間後に南蛮と甘酒を混ぜて練ってみようと思っている。

小池麹店の麹、お取り寄せできます

 


急で申し訳ないのですが、蝸牛店舗は10月12日(木)臨時休業いたします