11月9日(木) はれ

松本市へお神酒の口を作る竹を伐りに行った

山林に入り、びっくり
すこぶる良材
竹が真っすぐだわ、節と節の間は長いわ、具合よく太いわで

11-9

左の姉さんが代々のお神酒の口作りを継いでいる千野さん
右端が地主さん
うちはお神酒の口のヒゴを作る下職

松本のお神酒の口は江戸時代から続いており、国の選択無形民俗文化財になっている
縁起物で、神様をお迎えするための依り代とされ神棚に設える
年末に徳利にお神酒の口を挿し、神様を迎える習わしだそうだ

11-9yy

お神酒の口を最初に見たのは、20年くらい前だろうか
年の瀬ににぎわう繩手通りを歩いていて見た
青竹だったこともあり、これは長野の竹ですかと尋ねた
松本の竹だと聞き、こんな長い節間の素性の良い竹が長野県にあると知った

そして今から8年前、何かに導かれるように飯島がそのヒゴを作るという下職をすることになったのである
以前は亡くなられたお父さんがヒゴを作っておられたのだった

千野さんの記憶に残るお父さんの技、それに基づいた飯島への懇切な伝えがあって今にいたる

竹を選ぶのは千野さんの眼
一年物の竹に印をつけて置き、翌年、翌々年に使う

それで、この二人はやたらコンビネーションが良いのです
何指図するでもなく互いに黙々と呼応するのでありました

11-92

11-9r

11-9l

IMG_4920

伐った竹に印を入れる

11-97

年末に向けて、お神酒の口作りが始まりました

11-9g

六年物の神酒口
大切にしている