12月12日(火) くもり時に雪

 

冬来ていて、寒い
昼で-1℃、晴れ間がでないと寒い

11月、東京で観たい展示会が3週末続いてあった
3週連続江戸詣ではできず、2つにした

1つは、藁細工
武蔵野美術大学の民族資料室に行った
藁細工は、一人の女性自らが収集されたもので、そう大きくはない部屋の壁面に各地方のしめ飾り、中央の台に藁の亀などが置かれてあった

こりゃすごいわと思って

藁を束ねて綯われたしめ縄の乱れのなさ
シンメトリーではないお飾りも、ざわつきがなく
作られた方のバランス感覚が見事だなあと思った
そうした心地の良い感覚が、計らなくてもあったんだろうかなと考える
何にしろ、形は作れる人には作れるように思う
その中でも、惹くものにはやっぱ静かな力があると思う

見に行ってよかった

12-113

12-112

no.73 山形県のしめ飾り
これ見れただけでも、行って良かった

方向音痴なので案の定、行きも帰りも迷う
逐一に不安になるのです、私は行けれているのだろうか、帰れているのだろうかと
老若男女聞きまくって、交番で聞いた玉川上水に添って歩いて、太宰を思い出す

民藝館行って、帰山

次の週は、古布を見に行った
気になっていた古裂古美術蓮さんの展示会
人出の多さにびっくり
開店直後は、店の外までお客さんが並んでいたそうだった

この日は飯島と車で行ったので、銀座の駐車料金がはんぱなかった

誰かに会えそうと思っていたら、信州の知り合いに会う
その方が、駐車は他所にして、電車で移動するといいと教えてくれる
他にもいろいろ教えてくださったので、次回からはそうするつもり

駐車料金でもう一枚買えたじゃないの、だった

12-115

その時に求めた冊子、「裂のほとり」
文章に香りが纏う

こうしたのを読めると嬉しい
私のような布を知らない者であっても、はじかれることなく安心して読める
知識の豊富さが並みならないのだろうな、だからだろうなと思う

それにしても布というのは、何故捨てられないのだろうか
もう使えないという寸法になっても、取っている

12-117

 

しめ飾りを見に行った数日後、久美ちゃんに「藁のお飾りを見に行ってきた」と言ったら
「うっわ、いいな。タイですか」と聞かれた
そうか、タイにも藁のお飾りがあるんだ、見たいなと思いながら
「日本の」と答えました

久美ちゃんのタイは、鯛でした
木曽のしめ飾りは、鯛です。