1月25日(木)とり天と蕎麦2

先だって大分に帰り、とり天を食べた。
4カ所でいただくも、どこも鶏むね肉だった。

その昔、実家は小料理屋を営んでいた。
30年前にも、とり天はお出ししていて、おひとり様7個。
その頃も、もも肉はお高かったのか、好みがあるからか、3個が鶏むね肉で4個がももだった。
ひそかに、ももの方が旨いなと思っていたので、家で作る時は全部ももにしていた。
もっともこれ好みがあるのだろう、胸はとり天になってなお、さっぱりとしている。

2

とり天の作り方(3人分)

材料 
とりもも(orむね) 2枚
にんにく 1かけ
しょうが 1かけ
ねぎ 適当
醤油 大匙1
酒  大匙1
みりん 小匙1(お好みで加減)

1-227

にんにく、しょうがは、すり下ろす

1-228

肉を食べたい大きさに切って、調味液に入れ揉む
一晩置いて、肉に味をなじませる
(味を染ませた後ジップロックに入れて冷凍も可。揚げたいときに揚げれます)

天ぷら粉をつけて、揚げます。

1-226

酢醤油でいただきます
好みでからしを漬けたり、レモンかけたり。

キャベツの千切りを添えるのが基本となっておりますが、今キャベツ高いからセロリとピクルス添えで。

ところで、東京に住んでいた20代の時、仕事場でほか弁を買ってこようとなって、何にするかと聞かれ「とり天」と言いました。
え、と聞き直されて「とり天、とりを揚げたの」と言いました。
唐揚げ弁当が届きました。

とり天が全国区ではないことを知った瞬間でした。