月別アーカイブ: 2018年2月

2月24日(土) 展示会のお知らせ

2018’最初の展示会、企画展の参加です

手仕事雑貨屋 ” 風土 ” にて
『 入れ物・蓋もの・箱もの展 』

huudo huudo2

場 所  手仕事雑貨屋「風土」
     京都市北区紫野西御所田町34-2(北大路堀川交差点西入る北側)

日 時  2018’ 3/8(木) -3/18(日)
     11時~19時 (水曜定休)

竹工芸閑の筥、香合を出品します。

2-242  2-243

 

風土さんは、クラフトフェア松本でうちの竹仕事を見つけ、その後木曽へ訪ねてくださいました。
20年を超えるお付き合いになります。

竹で香合とか良いんやないですかと、言ってくれたのは風土さんでした。
香合ってどう使うんですかと聞いて、それから調べ、作り始めて7年くらいになりました。
会えば雑談
なんか、笑う
気さくで親切なギャラリーさんです。

ご都合よかったら、ぜひ!

そうそう京都での宿泊で、気になっている宿があって
京都行くときは、とか思っています。
京都アートホステル クマグスク
kumagusuku

2月19日(月) くもり

揚げ出汁豆腐をつくったのです

w2-19

揚げ出汁豆腐って、ときどき食べたくなる
コンスタントに売られてないので、おおかた作る

今回は、豆腐と茄子、人参、しいたけ、蓮根

w2-195

揚げて皿に入れて、熱々の出し汁を注ぐ
じゅって音が好きなのです。

ところで
九州から豚バラ肉が届きました。
帰省したとき友人に、肉を送ってくれたらスモークにして送り返すと約束していた。

塩コショウ等をすり込み数日間冷蔵庫に置き、その後吊るし、燻製する。
こうした時を経る物、仕込んで経過を見やる発酵物の味噌とか甘酒とかは飯島担当。

阿吽の呼吸がないので、担当部署は一人でやります。
お互い手も口も出さない暗黙の了解。

畑は二人でやるものの、耕作は飯島でその他が私となっております。
猿の番は、窓から外を眺めているだけ。
見つけたら、キターって相手方を呼び、家の中から猿を観ます。
生り物は下手、そうそう持っていかれることはないので余裕こいています。

2-19

ねこキターッ
飯島に呼ばれる。

ハンターねこですが
御年15歳、この高さはムリでしたよ。

w2-193

スモーク完成。

 

 

 

2月6日(火) はれ ねこアップ

ねこはんてん、アップしました。
木曽蝸牛
良かったら覗いてください。

ねこ(はんてん)というのは、不思議なもので
とりたてて大層なものでもなく、ましてやぬくぬくの防寒着でもない。
はんてんです。

なんだけど、案配いいっていうか
背中がすーっと冷えると、あれ着ていないと背中を触る。
家にいれば着ているし、着ているの忘れて出かけるし。

ねこはんてんといえば南木曽ねこがつとに有名ですよね。
あれを販売ルートにのせようと思ったアンテナの立て位置がいかしているなあと思うのです。
そしてルートにのせた。
その実行力に敬意を持っています。

そのおかげをうちもあやかっていて、三人で作りたいねこを細々ですが縫えているのでした。
中沢さんというお婆ちゃんに出会えたのも大きかったです。
そこをそうする道理を聞けた。

tennnenn
「天然生活 2014 VOL.108」冬の針仕事 ”信州のねこ”より

物を作るって通底しているとこがある気がして。
ジャンルを異にしても強度や耐久性を持たせるその技を導く道理の存在なんかなと思ったりします。
そんでもって、独自のセンスは別って感じですかね。

中沢さんのねこはもうありませんが、若手(?)で縫っておりまする。

ところで豆まき
福はうちの大豆
甘辛煮にしました。

2-6

給食に出ていた大豆の甘辛煮
全国区ではなかった事が判明いたしました。

とり天に引き続き大豆の甘辛も考えるまでもなく全国区だと思っていたのよ
思い込みって、すごいわ。

レシピはこちら→クックパッド
ぽりぽりおいしいよ

大豆の甘辛揚げだったわ。

2月2日(金) ねこはんてん

1-201

ねこはんてん、2月5日ごろに木曽蝸牛webショップにアップの予定です。

ねこはんてんの説明

フリーサイズ
標 準 - 着丈 55cm
ねこ短 - 着丈 45cm
 男性用 - 着丈 65cm

2-2w
後身頃
 2-2e前身頃

着脱するのに手間がかからず、さっと羽織るはんてんです。
 
家事や仕事をするときなど、袖がないので手元がもたつかず
背中と腰を暖めてくれる

よほど寒い時などは、この上にカーディガンなどを着ます
暖かさが内包されます

ここ木曽で、-3℃くらいになると「ねこはんてん」の上に一枚重ねます。

生地:
・古い着物を解いて洗って仕立てたもの
・昔の反物
 反物ですと生地の種類が分かるのですが、着物になると知見がなく分からないのです
分かるものは、表示いたします。

中の綿:
真綿と木綿綿を入れます
真綿は絹(繭)でできており暖かいのと、布と木綿綿がずれないようにする役目があります

2-2a
真綿

2-2k
木綿綿

2-2d

木綿綿に真綿一枚を伸ばしてのせます
 暖も欲しいので、木綿綿の背中と腰部分に真綿を重ねる
 

2-2f

襟ぐり
着ていて襟がくしゃんとならないように晒しを添える

縫い終わったら、体に添ってくれますようにと一晩重しを載せます。

2-2u 2-2i

2-2t IMG_6096
2-2m

着物から取れる寸法がそれぞれに違い、内側の身頃で調整しています。

1-203

遠州木綿

2-2q

自前のねこ
短いサイズ(左)と標準サイズ(右)
1日中着ている
1ヵ月に1回くらい、エマールでホームクリーニングします

2-2g

案配よさげ