5月16日(水) くもり

 

遠方より友来るというので草摘みにはげむ
山菜の王様も山菜の女王様も終わり、よもぎ、ふき、ぜんまいへ移行
わらびはまだ

5-1442

45-143

5-17

友は35歳くらいだろうか
彼が22歳の時に知り合って以来、年に2回くらい来る
多い時は3回も来る

ぼやっとして、漫画よんで帰る時もある
うちに遊びに来る若人は、諸星大二郎にはまる人が多い

栃餅を初めて作る時もいて
栃の実はあく抜き中だった
あれの灰汁は、半端ないと聞いていて
火辛いんだと

火辛いという表現に、口にしてはならない物なんだなと肝に命じていたが
三人よれば何とかになり
「食べてみようか」
小指の爪先くらいを口に入れた

その日もその次の日も口の中がバカでした
ぴりぴりとひりひりと火辛いって、ほんとそれ

-摘んだ草の下処理-

5-14

5-146

IMG_0217

5-142

ぜんまいは今ここ

-草食-

5-14o

よもぎの風味がもっと残ってほしいところ

5-177

きゃらぶきになる前に火をとめて香りとしゃきしゃき感を温存が好み。
今どきは冷凍できるのでそこで留め置く。
ふだんの郷土の食は素人アレンジよか、伝えられ生き残った食べ方はやっぱうまいと思う。

5-174

静かでございます。