7月12日(木) くもり時々雨

今季2回、猿が畑に入った。
うちは畑が下手なので来ないとたかをくくっていたし
いつまでたっても下手な畑ははがゆくもあって

もともと畑でもなく樹木の苗畑だったらしい
入居したころは牧草地だった

開墾して畑地を作る
なんとなくそれっぽく装うような程度の畑だったが

良い物を生らせたくて気合を入れた、今年こそ!
(それでも周りの畑と比べると、葉の力が違うのだが)

猿来る

屋根から来た
どたどた歩いてんなと思っていると
他の猿がすでに入畑して芋を食べていた

コラーっ、ダメでしょそれはっ!
怒ると逃げた
急ぎ猿除けネットを買いに行き、芋の周りをぐるりと囲む
なんでもぺたぺた絡むいやらしい網で猿が敬遠するという説明書き

二日後、林で猿たちの声
屋根に飛び乗る音がして
畑を見るもいない
屋根を見上げたら、若い猿が畑を見ていた
コラーと言っても逃げない
缶をたたいて威嚇するも平気
一瞥をくれてそれどころではないとばかりに畑を見るその眼は澄んでいた。

目が合ってもいいのか!
猿と目を合わすと襲ってくると習った

どうも畑を値踏みしている風情
届かぬ場所できゃんきゃんと缶を叩きながら申し立てていたら去った
生り時になったら来るのか来ないのか

畑に出たら、網を結わえた支柱が倒されていて芋を抜かれていた

網、いやがりませんやん。

近所の姉さんは畑が上手
ちょいの間外出している間に芋をやられたそうで、なんと玉葱も

猿追いは、打ち上げ花火と畑から追いだし山まで追いかけるのが良いと情報を得る

あちら西の谷の猿は、女子供を小ばかにしていて逃げないらしい
こちら東の谷は、追いかけたら逃げるんだねえと言ったら

女だと思われていないのかもと
妙に二人で納得しました

打ち上げ花火を買おう
どどーんと大きい音のやつ。