月別アーカイブ: 2018年8月

8月22日(水) はれ

今日は茗荷です。
茗荷にからめまして、たまには竹籠の話をば。

茗荷はいっぺん大量に出来ます。
朝も早よから採って洗う。

8-22

8-22q

右の籠は松本の竹教室で作った課題の見本で、麻の葉編みの小物入れです。
左に立てかけている籠は、万石(まんごく)。
これは大分ので、福岡にも違う形の万石と呼ばれる籠がかつて存在していました。
形の違いは現場用途の違いかと考えますが、いずれも重量のあるものを運ぶ籠だと思います。

写真の万石は30代(当時)の方が作った籠で、8年ほど畑とかの外作業に使っています。
縁が厚く物を入れて運びやすいです。
力作業に案配良いよう形作られてきた籠だと思います。

籠を作る時、必ず縁を針金で絞り固定し形づくります。
そうしておいて固定した縁がゆるまないよう針金を切りながら少しづつ竹や籐などで縁を巻きます。
写真の万石は、縁巻きの一歩手前で針金巻きの段階。
なのですが、これで完成しているといえばしているのです。

竹のみで作った籠は、針金で縁を巻いた籠と違い土に戻るので地球に優しいと読んだりしますが、作る時に針金は必ず使うので、どっちが針金を捨てるかというくらいのものです。
外仕事で使う籠は、農工の人など針金が切れたら針金で修理することができるでしょうから、縁の手ぬるい籠を使うとするならば、針金の方がそうした方々には返って親切じゃないかと考えます。
竹や籐が切れたら、修理はちと難儀。

籠の要は縁です。
縁をきりっと作っている籠は、他の場所も抜きがなく作られているように思います。
人が作るものですから、そうなりまさあなあ。

8-22w

右の籠には花が咲く前の茗荷、漬物用
左に採りそびれて花が咲いて柔らかくなった茗荷、薬味に刻む用

8-22e

洗って出た屑を集めて捨てる

8-22y

籠はしばらく水の中に入れて汚れをほとびらせ、たわしに台所洗剤をつけて擦り、天日に干します。

8-22t

茗荷三昧
売るほどあって、畑にまだある。

甘酢漬け、醤油漬け、保存にいそしむ。

IMG_3104

おばあさんに漬ける前に瓶を消毒しますかと聞くと、しないと笑う。
茗荷とか生姜の土中物は、液を煮立たせて生にかける。
後からできて一緒に漬けたい時は、一回湯通しして追加。
冷蔵庫にいれときゃ1年以上もつのだそうで、それ以上は食っちまうから知らんのだそうだった。

めんどいので消毒は辞めよかな。
人にあげる時だけで、自分ちのはやんなくていいかな。
大家のお爺さんのカリカリ梅も瓶の消毒している風はないしなあ。

8-22

茗荷の花が好きです

万石(まんごく)の古物福岡バージョンは、カフェ十三月が猫入れて運んでいる気がします。
小谷村のカフェ十三月

 

8月20日(月) はれ

朝採れ豆きび
豆きびはこの人のというご贔屓があり、標高1000mに近い場所で取れる町内産
豆に黄色と白が混じっていて、粒が大ぶりじゃないのが好みです
大ぶりは剥いた時におおーって感じするんだけど、あれはスープに合うと思っている。

8-17 
まずはシンプルに蒸す
甘いので塩はしない
ゆでると旨みが湯に出そうな気がしてもったいないから蒸す

次にシンプルからアレンジに移る
豆きび3本分の実と玉ねぎ1個をバターで炒め、濃厚素みたいなのを作る

8-17w

素に牛乳と生クリーム、塩を振って温める
板ゼラチンを2枚加えて裏ごしして冷やし胡椒ふりかけブラマンジェ

8-20p

トマトとコーンのリゾット

 8-20r

8-20e

コーンちまき(レシピはこてらみやさんのしあわせ週末ご飯から)

シーズンは夏野菜、細いピーマンをいただいた
焼いて醤油が美味しいと教わってそのまままねする

8-20t

8-20y

噛んでじゅっと旨みのにじむ
来年はこれ、畑で作ろうと思った
新鮮な野菜が手に入るのなら、まずはシンプル料理

先だってすんき漬けのアレンジのあれこれを聞く
パンやおやき、コロッケ、パイ等々
作りてに尋ねた、すんきはどう食すのが好き?
「おかかまぶして醤油」だそうだった。

あるかないか分からぬ都会に向けてあれこれとアレンジするのもありなのかと思わないでもないけども、自らが美味しいと思うので真向行くのが良いと思っている。
それを美味しいと思う人達は、長くお付き合いくださるように思う。
田舎料理と銘を打てどアレンジのためのアレンジは一過性かも。
私は他所に行ったらそこの皆が普段に食しているのを食べたい。
連面と続くこなれた家料理。
知らない美味しいのを食べておられる気がするのです。
ただプロのアレンジはやっぱ美味しいです。

さて畑のトマトが赤いが猿こず、どこに行っているのだろう。
今年は意外に生ったのでね、ちょいと上から目線ですよ。

 

 

8月8日(水) はれ

桐箪笥の上にパフパフおもちゃ

8-8q

 

沈思黙考

なんだっけ 
 
集落の夏祭りでビンゴがあった
景品でとったのかも
飲んだので記憶が飛んでいる
これが欲しかったんだな

 

 8-8w

 

8-8

此処で飼うことにする。

昨日、秋風が吹きました。

 

8月6日(月) はれ

雨がふりません
降らないというよりも、降れないという感じします。

夕刻に雷がなり、きたきたーと思うのだけれど
降らない
空振り。

ところで最近、地元の保存食を作る所を見れる機会に恵まれほくほくしています。
先だって、とっ辛味噌を習いました。
去年も習ったのですが、また違う人の作り方を見る。
人によって違うので、興しろい。
見てメモして、帰って一通りまったく同じに作る。
三人くらいに教われたら良いなあ。
三通り作って、そのうちに自分の味の落としどころを見つけたい。

8-6o

麹と醤油と砂糖、そして南蛮のみじん切り
ミキサーにかける人もいます
私は粒々が好きなので、ただ煮込む
これはこれでおいしいかな。

二週間前、生姜の酢漬けを食べた
旨い
作り方を聞く

生姜は土佐のが味のばらつきがなくしゃくっとして歯切れよく辛みがきつくないと言われ
それ買うてきて作る

8-6
右が教えてくれた姉さまの酢漬け、左が私

味が違いましたよ

私のは、ただガリの固まり
しゃき感もない
手加減が違うんだねえと姉さま
手が変わると味が変わると言うのはこういう事なのかと納得している様子。
こういうことなのかと初めて知った風でございました。

私も少しは人様のお役に立っているのね。

自分のは最初の本漬けの塩加減が心もとない気がして。
新生姜も最終コーナー、もう一度やれますわ、これ。

ちなみに調味料の量、びっくりするんだけどさ
松本の教室のママたちも、調味料をケチったら旨くないと言う
毎日毎日大量に食しているわけでもないだろうと思うのよ。

マニュアルってマニュアルだなと。
それぞれの体のペースがあるのだろう。

姉さまにして80歳を超えてなお元気で健脚でもある。
山の中に独りで行って楽しんでいるのでありました。

度胸の良い人だなと思った。

8月3日(金) はれ

8-3t

挿しものは、山を下りる途中に摘みます
毎年同じになる

8-3q

山の斜面に見つけると、あったと嬉しい

名前は知らない
聞いても覚えられないのです

多分、色と形が好きなんだろうと思う

先日、朴の葉の握り飯の話を聞いた
飯に塩を振り朴葉で包むだけ
食べる時に握るというか、揉むというか
朴の香りを薄らと纏う握りの
なんとも旨かったのだそうだ

別のお握りの話
木の葉を塩一つまみ入れた湯に投じ、さっと湯がいて絞って飯に混ぜる、握る。
これがまた旨かったと
薄緑に染まる握り飯

その木、探したらあるかなあと尋ねたら
あんたんちの周りに普通にあるさ
そっか、帰って調べよう木を
探して握って食べてもらって、こんな味なのかなと聞いてみようと考える。
いつだって匙加減がむつかしい。

ところが木の名前を思い出せない

山人と樵に聞いた握り話でした。
また聞いてメモしようと思います。

 

8月1日(水) 盛夏

四日市市ギャラリー雲母さんの展示会「三手三様」終了しました。
猛暑台風と続いた中、足をお運びくださったことに感謝いたします。
ありがとうございました。

また今後ともどうぞよろしくお願い致します。

 

8-1q

 

蝸牛サマータイム終了しまして
明日から通常営業です
open 木金土日 10時30分~17時
お待ちしております。