8月20日(月) はれ

朝採れ豆きび
豆きびはこの人のというご贔屓があり、標高1000mに近い場所で取れる町内産
豆に黄色と白が混じっていて、粒が大ぶりじゃないのが好みです
大ぶりは剥いた時におおーって感じするんだけど、あれはスープに合うと思っている。

8-17 
まずはシンプルに蒸す
甘いので塩はしない
ゆでると旨みが湯に出そうな気がしてもったいないから蒸す

次にシンプルからアレンジに移る
豆きび3本分の実と玉ねぎ1個をバターで炒め、濃厚素みたいなのを作る

8-17w

素に牛乳と生クリーム、塩を振って温める
板ゼラチンを2枚加えて裏ごしして冷やし胡椒ふりかけブラマンジェ

8-20p

トマトとコーンのリゾット

 8-20r

8-20e

コーンちまき(レシピはこてらみやさんのしあわせ週末ご飯から)

シーズンは夏野菜、細いピーマンをいただいた
焼いて醤油が美味しいと教わってそのまままねする

8-20t

8-20y

噛んでじゅっと旨みのにじむ
来年はこれ、畑で作ろうと思った
新鮮な野菜が手に入るのなら、まずはシンプル料理

先だってすんき漬けのアレンジのあれこれを聞く
パンやおやき、コロッケ、パイ等々
作りてに尋ねた、すんきはどう食すのが好き?
「おかかまぶして醤油」だそうだった。

あるかないか分からぬ都会に向けてあれこれとアレンジするのもありなのかと思わないでもないけども、自らが美味しいと思うので真向行くのが良いと思っている。
それを美味しいと思う人達は、長くお付き合いくださるように思う。
田舎料理と銘を打てどアレンジのためのアレンジは一過性かも。
私は他所に行ったらそこの皆が普段に食しているのを食べたい。
連面と続くこなれた家料理。
知らない美味しいのを食べておられる気がするのです。
ただプロのアレンジはやっぱ美味しいです。

さて畑のトマトが赤いが猿こず、どこに行っているのだろう。
今年は意外に生ったのでね、ちょいと上から目線ですよ。