9月24日(月) はれ 蝸牛展ものつくり

みすず細工の行李

Picture4

旅する籠でもあったのかな
明治30年代、みすず細工最盛期の行李です。

ミスズ竹はスズ竹の交雑種だと言われています。
それは絶滅してしまったとも書かれていて、口伝えもすでになく、スズとミスズとの相違が私には分かりません。

古物のスズ竹行李を見る事はままあって、岐阜や東北の物とか。
それぞれを単体で見ると、スズかミスズかは分からないのです。
並べてみればこそミスズは、繊維が粗いように思えます。
粗いといっても悪い意味はなく、何しろ明治30年物がここに存在しているのですから。

折につけ思うのですが、信州にはスズ竹が多く、その中でもミスズ竹を選ったというのは、どういう利便があったのだろうかと。

Picture1

この行李は中籠(なかご)も有ります。
中籠とは、物を入れる方の「身」と呼ばれる籠の一段上にある浅い籠のことです。
籠の上部から、蓋・中籠・身で作られています。

IMG_1638

IMG_1663

上にあるのが「中籠」、長桝網代(ながますあじろ)で箱に編まれています。
下の写真は「蓋」で、こうした手法で箱に成型する編みの名前は知りません。
編み方は網代です。

この蓋の編みが格好良いのよ。

IMG_1644

松本民藝館の創設者である丸山太郎さんが惹かれた「鬼行李」は、この編み。
繊維の粗さとヒゴの巾太さとでざくざくと作られた鬼行李。
鬼な行李は衣装行李の形状で作られていて金具はありません。

お客さんがお役だてくださいとお渡しくださった「旅のみすず籠」
蝸牛展ものつくりに並びます。

どうぞご高覧くださいませ。

またスズや根曲がりで箱物を作りたい方に、良い資料になろうかとも思います。
触って、
蓋を開けて、
見てください。
写真もOKです。

Picture2