作成者別アーカイブ: kagyuu

7月22日(土) はれ一時あめ

22-3

デジカメラのボタンを一つ触ったら、あれよあれよと訳わからなくなってしまった
戻し方もわからず
機械音痴なので、何も触らずにきたのですが、なんとな事になってしまった
ちゃんと撮れたり撮れなかったり
そのうちなんとかなるでしょう

店内です

22

7-172

22-6

7-173

小栗蔵太
ジャムヘラ、カレーヘラ、シチューヘラ
寸胴用のヘラ etcヘラ
菓子きり
しゃもじ

2,300円~26,000円
黒檀と栃の縮緬杢の剥ぎ、島桑とか材種によってのお代になっています

どうぞ、お運びくださいまし
ここでも30度超えましたが、湿度が低いのでクーラーはなくてすんでいます

ところでアチャールできました

22-5

気持ち粉っぽいのかなあな仕上がりになった
手書き説明に混ぜすぎると粉っぽくなりますと書いてくれていたので
混ぜすぎないようにとやったものの

今度は、あれより混ぜないようにすれば良いのだな

でも結構いける
好みでもあるのですが
時間が経ったら熟成して、もっといけてると思う
ぽりぽりぽりぽり、つまんでしまうので
熟成する前に、終わりそうな気もする。

7月20日(木) はれ

 

ようよう梅仕事がひと段落
梅干しと梅サワー、梅シロップ
そして梅醤油

好きなんだよね
黙々と保存を作るのが

瓶詰がことに
瓶にそそられて、そわそわしてきて、詰めたくて、それを保存したくてつくる

7-201

「ゆで卵と玉ネギのピクルス」と「ミントにしょうがを混ぜたシロップ」
「魔法のびん詰め」の本の通りにつくる
卵は6個入っています。
これで、オープンサンドを作るとおいしい。
ミントシロップは、本のレシピを参考に、しょうがも混ぜてみてつくりはじめたところ。

去年、知人に胡瓜のピクルスみたいなのをもらって、うっわ美味しいと思って
作り方を教えてくださいと言ったら、説明書きをスパイス付きでくれた
ものすご、分かりやすい
「アチャール」というそうだ

7-204

作りたく思ったものの

去年は胡瓜が
はずれた
畑に苗を2本植えて、2本しか生らなかったのでした

今年は、なんだか生ってくれているので
つくろうと思います

7-202

いまここ
今日は、胡瓜を干しました

あだこだ
あだこだ
やっていたら

ひぐらしが鳴きはじめた

7-209

 

 

 

7月13日(木) 曇りから晴れへ

 

7-13

緑の色が好きで、この時季はこれを探し
見つけると摘む
しかも毎年

2016-3

2016’

2015

2015’

2004

2014’

2011

2011年7月

写真のストックを繰りつつ
なんとかの一つ覚えな気がしました

2012、2013年は、写真がないけど、挿してると思う

 

 

 

 

7月12日 タペストリーを作る5・完成

タペストリー、ちょいと仕事場を覗きに行きそこなっておりましたら
出来上がっておりました
木部の制作工程なしで
完成のアップとさせていただきます

7-123

竹編組  真竹 染め
木 枠  栗 着色 オイル仕上げ
寸 法  縦:90㎝ 横:19cm

7-12

7-124

 

7-44

2階、お蚕部屋
左から古物の竹花入れ、中央タペストリー、右奥に古物籐の掛け花入れ

どうぞ、ご来店をお待ちしております
谷間をひぐらしの声が響きはじめました。

 

 

7月4日(火) ねこはんてん

 

7-3q

ねこはんてん15枚の仲間入り、検品中です
” ともに “ の手針仕事
古い着物を解いて洗いなおし、手縫いで仕立てています

蝸牛仕様と同様に、襟ぐりから繋がる紐は、共布
背中にあたる内側は柔らかい布を使い
中は、木綿綿と真綿を入れています

先だって、” ともに “ と古道具屋に立ち寄りました
私は、真鍮の道具を買いました
何をするものかは知らなかったんですけども

帰る車中で「それ何するの」と聞かれ
え、これ格好いいじゃん

7-39

「あたし、それ持ってるよ」と
なんで、持ってんの
「それは和裁の道具だよ」
そういえばさ、和裁って級とかあるの
「持ってる」

この時はじめて ” ともに “ が一級和裁士だと知ったのでした
付きあいは、長い

さあ、ねこはんてんが並びます。

” ともに “手縫い 1枚 4,600円
ミシン仕立てもあります、1枚 3,500円~4,000円 です

これから夏にむかいますけども
見にきてくださいね。

古道具屋で求めた真鍮は、アイロンでございました。

 

6月29日(木) くもり

今日からまた通常の営業です
余震がありますが、てかほとんど分からなくて地震履歴を見ては、あるんだなと思っています

木曽の面積は約1,600km²で、香川県の1,900km²とそう変わらなくて広いです
その90%が森林と言われています
郡内だと近いようで、無茶苦茶遠いようでもあり
それでも地盤は花崗岩が多い土地柄、警戒はしています
地震の後、大雨が来なかったから良かったなと思って
大雨が降ると尚更に土がゆるみますもんね

災害に関しては自分の中では、家屋の経年数を1つの指針としています
蝸牛のある家は、明治元年に建ったもので、その集落は皆、そのころに建てられた建築物です
自宅のある集落もそうで、150年がそのまま在るというのは、大きな被害に合わなかったという事だろうと考えております

遠方から足を運んでくださるお客さまもいらっしゃるので、今後も何かあったら自然の状況はこのHPであげていきたいと思っています
危険かなと思ったら、書きますね
こうした事は、はっきり事前に分からないので、震度4以上の地震やそれ以後の雨量とかで判断したいと思います
あと勘は、ご近所頼みです
まあ何しろ、自然の大きいところです

皆さま、ご心配をおかけしました!
大丈夫なのかと気にかけてくださった事、感謝しております。

6-29q

地震の次の日、雉様の声がしなくて姿もみえなくて、どっかに避難したんかなと思っておりました
その次の日に、クケーっとさんざめく子雉の声
いたんだと半ば安心して外に出ましたら
うちの猫が、追い回していました

失敗してふて寝しているところです

幸い、成功したことはありません。