カテゴリー別アーカイブ: 竹かごの使い方

8月22日(水) はれ

今日は茗荷です。
茗荷にからめまして、たまには竹籠の話をば。

茗荷はいっぺん大量に出来ます。
朝も早よから採って洗う。

8-22

8-22q

右の籠は松本の竹教室で作った課題の見本で、麻の葉編みの小物入れです。
左に立てかけている籠は、万石(まんごく)。
これは大分ので、福岡にも違う形の万石と呼ばれる籠がかつて存在していました。
形の違いは現場用途の違いかと考えますが、いずれも重量のあるものを運ぶ籠だと思います。

写真の万石は30代(当時)の方が作った籠で、8年ほど畑とかの外作業に使っています。
縁が厚く物を入れて運びやすいです。
力作業に案配良いよう形作られてきた籠だと思います。

籠を作る時、必ず縁を針金で絞り固定し形づくります。
そうしておいて固定した縁がゆるまないよう針金を切りながら少しづつ竹や籐などで縁を巻きます。
写真の万石は、縁巻きの一歩手前で針金巻きの段階。
なのですが、これで完成しているといえばしているのです。

竹のみで作った籠は、針金で縁を巻いた籠と違い土に戻るので地球に優しいと読んだりしますが、作る時に針金は必ず使うので、どっちが針金を捨てるかというくらいのものです。
外仕事で使う籠は、農工の人など針金が切れたら針金で修理することができるでしょうから、縁の手ぬるい籠を使うとするならば、針金の方がそうした方々には返って親切じゃないかと考えます。
竹や籐が切れたら、修理はちと難儀。

籠の要は縁です。
縁をきりっと作っている籠は、他の場所も抜きがなく作られているように思います。
人が作るものですから、そうなりまさあなあ。

8-22w

右の籠には花が咲く前の茗荷、漬物用
左に採りそびれて花が咲いて柔らかくなった茗荷、薬味に刻む用

8-22e

洗って出た屑を集めて捨てる

8-22y

籠はしばらく水の中に入れて汚れをほとびらせ、たわしに台所洗剤をつけて擦り、天日に干します。

8-22t

茗荷三昧
売るほどあって、畑にまだある。

甘酢漬け、醤油漬け、保存にいそしむ。

IMG_3104

おばあさんに漬ける前に瓶を消毒しますかと聞くと、しないと笑う。
茗荷とか生姜の土中物は、液を煮立たせて生にかける。
後からできて一緒に漬けたい時は、一回湯通しして追加。
冷蔵庫にいれときゃ1年以上もつのだそうで、それ以上は食っちまうから知らんのだそうだった。

めんどいので消毒は辞めよかな。
人にあげる時だけで、自分ちのはやんなくていいかな。
大家のお爺さんのカリカリ梅も瓶の消毒している風はないしなあ。

8-22

茗荷の花が好きです

万石(まんごく)の古物福岡バージョンは、カフェ十三月が猫入れて運んでいる気がします。
小谷村のカフェ十三月

 

3月19日(日) はれ

春の兆しを感じるものの、芽吹きはもう少し先かなあ
毎年4月に最終の雪が降るので、ゆだんならないところ

花より団子を作る

 3-163

五平餅のたれをいただいて、おいしいうちに使いたかった

3-19w

たれは、えごまとくるみをすり鉢であたり
醤油や砂糖、みりんを混ぜて作るらしく、まだ作ったことない

五平餅以外に何が合うかなと考えて、団子をつくった
団子は、キチキチっと歯ごたえのあるのが好み

3-165

3-167

どうせ作るなら、きな粉と餡も作らねば
餡は、こし派と粒派がいるので、中途半端につぶす

もしかして
たれは、白和えにも良いかもと
作りましたら

3-19e

合った!

蕗の薹が出たら素揚げして、たれと白和えようと思いました。

 

11月4日(土) くもり

 

秋は、美味しい
素材がおいしいというか
天然きのこにはじまってじゅんぐり

芋掘りを手伝ったら、芋賃金をくれた

11-46

嬉しくて、使う

11-4

きんぴら入り里芋揚げ団子(レシピは暮らし上手から)
間引き人参と葉の天ぷら
ハゼの唐揚げ

籠は、こっぱち

揚げ物は、天ぷら紙を敷かずに盛る
染みが気になるってないかなあ

亀甲盛り皿とか器になる籠は、阿仙で草木染める
薄い色に仕上がるので、染みが気にならないのだろうか

繰り返し使ううちに、油や色々が染み込んで、広がって、馴染んで
いい案配になっていくというか
そんな感じ

11-42

4年使用のこっぱち

使い終わって、普通に洗剤つけたスポンジで洗い、テーブルの上に置いておく乾くまで
籠のお手入れは、したことがなく
天ぷら置いたら、オイルでまんまお手入れになるだろうを繰り返す

11-45

染め場の景気も秋になり

11-44

来春、花のほころびを喜びたくて、オオソニガラムを植えました。

 

 

8月1日(月)曇りのち晴天一時どしゃぶり

竹の盛り皿を使っているところの画像をいただいた

8-1t

8-1w

縞瓜の粕漬の一工程
縞瓜を洗って、水切りしているところだそうです

「すべての行程が美しいと思う」と添えられてあって

それ読んで写真を拝見して
ほんとにそうだと思った

家で作り物しているときって、気負うでもなくて
独りで喜べるのがいい
地味なんですけども
仕事とまた違う居場所というか

仕事には、それ用の道具があって
自身には、自身の時を大切にできるそうした道具があって
時も道具もまた、静かだなあ

胡瓜を今日も干す
今年はほんとよく生る
晴天をにらんで干す

8-1q

干すには、縁の低い籠がいいのです
空気がこもらず抜けていける

梅を干すときは、竹皮が表面にある籠だと赤紫蘇の色が竹に染まらない
竹の内側が表になっている籠だと、竹は赤く染まります
気にならなければ何ということもなく、籠が染まっても使うのに支障はありません
どう使いたいのかで選ぶのが良いのでありました

干すというアイテムでもう一つ

8-1u

小イワシをいただいて、唐揚げと甘辛フレークにし
中くらいのイワシは目刺しにと思ったら、曇天
冷蔵庫で干しました
深さのある籠で、ラップなしにそのまま冷蔵庫です

ちなみに、これはうちの籠ではありません
買いました

竹串も買いました

 

 

11月9日(水) はれ 亀甲盛り皿

11-72
 
伊那谷の竹です
油抜きをしてさらし、ヒゴを作る
その後、阿仙で草木染をして編み始めます

 

竹の盛り皿の種類
 亀甲盛り皿  36cm、30cm、22cm
 麻の葉盛り皿  22cm

 

” 使い方 ”
 写真で使っているのは直径36cmの亀甲盛り皿で、15年くらい使っています

1
パンを焼いて、冷ます

1-10
 

 4
 天ぷらは紙をひかなくても大丈夫です

竹にシミがつくのではと心配なさらず、草木染めしていますので気になりませんし、繰り返すうちに馴染みます

油分がまた皿を保護するオイルフィニッシュ同様の効果になります

img_2416
 

9
 蕎麦三人前
  
11-4imo
 天日
干し芋
  
2
梅干し

5
物を置いたときに、ぐらつかないよう裏面に脚を付けています
天日で干すときも、風が抜けていいのかなあと思っています 

 

” 洗う ”

8

普通にスポンジに洗剤つけて洗います

乾くまで、テーブルの上などに置いておきます
季節によりますが大方一晩で乾きます
天日で乾かしてもいいです

濡れたまま、陶器等と重ねておくと乾かずにカビの発生につながりますので留意ください

竹の皿です、どうぞ気をつかわずに、思いっきり使ってください。
  
 
  
————–

 
直径22cmの盛り皿
・麻の葉編み、亀甲編みの二種類

麻の葉

9
蕎麦一人前

2

8

1

—-
亀甲

3

7
左皿 麻の葉 ・ 右皿 亀甲

 

染めると、ヒゴの擦過痕も気にならず、少々の傷があってもそのままに編んでいます。
それがかえって、竹の素朴さを映し出しているような気がします。

使い始めは、若干の色落ちがする事もありますが、染料の阿仙は、奈良朝時代から胃腸薬として用いられていた喬木ですのでご安心ください。

 
 
オーダーお受けしております
〇 亀甲盛り皿
36cm 14,000円  税込15,120円
30cm 13,000円  税込14,040円
22cm   8,000円  税込 8,640円

〇 麻ノ葉の盛り皿 
22cm 14,000円(税込)
 
展示会の関係や、竹を切る季節が決まっているために、お受けした時期によっては長くお待ちいただいたり、すぐにお渡しできたりと、申し訳なく思っております。
恐縮至極ですが、どうぞご了承のほどよろしくお願いいたします。

連絡先
竹工芸閑 
mail: takekougeikann@gmail.com 
tel   : 0264-52-5254