カテゴリー別アーカイブ: 展示会

9月24日(月) はれ 蝸牛展ものつくり

みすず細工の行李

Picture4

旅する籠でもあったのかな
明治30年代、みすず細工最盛期の行李です。

ミスズ竹はスズ竹の交雑種だと言われています。
それは絶滅してしまったとも書かれていて、口伝えもすでになく、スズとミスズとの相違が私には分かりません。

古物のスズ竹行李を見る事はままあって、岐阜や東北の物とか。
それぞれを単体で見ると、スズかミスズかは分からないのです。
並べてみればこそミスズは、繊維が粗いように思えます。
粗いといっても悪い意味はなく、何しろ明治30年物がここに存在しているのですから。

折につけ思うのですが、信州にはスズ竹が多く、その中でもミスズ竹を選ったというのは、どういう利便があったのだろうかと。

Picture1

この行李は中籠(なかご)も有ります。
中籠とは、物を入れる方の「身」と呼ばれる籠の一段上にある浅い籠のことです。
籠の上部から、蓋・中籠・身で作られています。

IMG_1638

IMG_1663

上にあるのが「中籠」、長桝網代(ながますあじろ)で箱に編まれています。
下の写真は「蓋」で、こうした手法で箱に成型する編みの名前は知りません。
編み方は網代です。

この蓋の編みが格好良いのよ。

IMG_1644

松本民藝館の創設者である丸山太郎さんが惹かれた「鬼行李」は、この編み。
繊維の粗さとヒゴの巾太さとでざくざくと作られた鬼行李。
鬼な行李は衣装行李の形状で作られていて金具はありません。

お客さんがお役だてくださいとお渡しくださった「旅のみすず籠」
蝸牛展ものつくりに並びます。

どうぞご高覧くださいませ。

またスズや根曲がりで箱物を作りたい方に、良い資料になろうかとも思います。
触って、
蓋を開けて、
見てください。
写真もOKです。

Picture2

 

9月14日(金) くもりのち雨

先日北杜市に行った。
陶人形作家のささきようこさんとこ。

玄関を開けるや、居並ぶ人形に目を奪われる。
どきどきした。
こんなに人形を見たことあったっけ。

IMG_3541

IMG_3539

デッサン力なのだろうか。
私は絵も人形も分からないの。
でも、キタッてなった。

このキタッて感じ、大切にしている。

IMG_3548

ささきようこさん
「くだらないのを作りたいの」とおっしゃる。
「それでそのくだらないのってね、作るの難しいのよ」
「出来上がってしまってるって面白くないじゃない。お客さんとこに行ってまた変わっていくのが良いのよ」

うちの仕事は工芸で、帰る道中飯島のつぶやく。
「ささきさんの言うくだらない物を作りたいってさ、俺もそうなんだよ」

物を作ってそれを仕事として”いのちき”にしていると、必ず完成する。
完成してお求めいただいている。
でもさ、できたってのは無いんです。

出来上がっちゃった物に色気がないなと感じることあります。
余白がないという事なのだろうかなどと、つらつらつらつら考える。
くだらないって字面、取りようによっては底がない。

もっとも、これも自分が何に惹かれるのかって事で、色々あっていいんだとも思っている。
多様は層の厚みで、これこそがと偏りパワーバランスをくずすといただけない。
薄くなります。

IMG_3511

この家に入るのよ。
孫悟空、猪八戒、沙悟浄の面々。
あと、龍の子太郎も。

IMG_3572

庭にいた、苔むした狛犬も。

 

 

 

9月10日(月) 蝸牛展

紅葉の木曽10月、蝸牛展のことをアップしていきます。

 

「ものつくり ~ままごと~」展

ディスプレイをしていると、おままごとの世界に入り込んでいく感覚になります。
小さい人の想像の時は、何でも有りな独り遊びの愉悦。
その延長線の大人のままごと。

お運びくださるのを楽しみにお待ちしております。

 

「日時」 10/18日(木) - 10/28日(日)  店休24日(水)

「場所」 ギャラリー蝸牛
     長野県木曽郡上松町小川5082

「内容」
凧・・漆絵のアクセサリー・・鳥籠・・陶の人形・・鉄鍋・・からくり箱・・花器・・燭台・・
木の器・・額・・古い籠・・竹の皿・・木の匙・・文鎮・・etc

 

「出展者」

飯島正章  竹工芸  http://www001.upp.so-net.ne.jp/kann/

泉健太郎  木漆工芸 / 卵殻細工   http://izumi.g.dgdg.jp/

杉島大樹  鍛金    http://blog.livedoor.jp/taikikobo/

角田遙   からくり箱   http://kakukakutoys.web.fc2.com/

金城貴史  木の匙   https://www.instagram.com/kinosaji_kinjo/?hl=ja

小間豊   額 / 木工

ささきようこ 陶人形 / 凧   https://www.flickr.com/photos/yohkosasaki/show/

清水千鶴  ストール 

瀬尾誠   漆絵    https://www.instagram.com/seo.makoto/

槇野文平  家具製作 

IMG_3469

ギャラリー蝸牛でのfinalとなります。

9月4日(月) くもりのち晴れ

IMG_3403

木の匠たち展、終了しました。
見に来てくださった方々、気に置いてくださった皆様、ありがとうございました。

木の匠たち展、西川栄明さんの「木の匠たちー信州の木工家25人の工房から」という本を機にはじまった展示会で14年になります。

自分にできる物を作るというより
こうしたのを作りたいという執着心が技を導くんだなあと、
この展示会に参加するたびに思います。

 

ギャラリー蝸牛は、10月28日で店を閉じる事となりました。

8年間でしたが、ご贔屓をくださりありがとうございました。
木曽山中に足を運んでくださったことに、心から感謝しています。

鳴り物なしで始まり8年、木曽蝸牛は10月の展示会で終了いたします。
そして、11月に奈良県で三人の展示会を開催いたします。

ぜひぜひ、ご高覧くださいますようよろしくお願い申し上げます。
観てくださると嬉しいです。

秋の展示会
場 所 木曽蝸牛にて
    木曽郡上松町小川5082
日 時 2018’ 10月18日(木)-10月28日(日) ”10/24(水)店休”
若い人を中心に据え、長年の積をたゆたえた作家と10数名での開催になります。
漆絵、凧、木の匙、卵殻細工、小木工、竹工芸、鍛金、からくり細工、陶人形、古物の籠などなど


・鵤楽舎での三人展
場 所 鵤楽舎 
    奈良県生駒郡斑鳩町法隆寺西1-3-3
日 時 2018′ 11月20日(火)- 11月25日(日)
出展者 泉健太郎 木漆工芸・卵殻細工
    多津蔵  袋師
    飯島正章 竹工芸

このページとDMでご案内させていただきます。
DMのご希望は、kagyuukiso@gmail.comにご連絡くださいましね、お気軽に。
(DMは9月下旬からの発送になります)

 

 

4月15日(日) あめのちはれ

 

4-15

根曲がり竹の籠
古物です

直径22cm高さ11cm
高台がついています

4-153

くすぼけた良い風合いです
絹で磨くと鈍くも光るかな

普段使いだったですかね
隙間なく編めるきりきりまで、編み目を詰めています
好みですけどもね、どういうスタイルの籠かにもよるのですが
根曲がりは、こうして編みこまれているのが好きです

47-152

置くだけでも、花を入れてもな籠

蝸牛出張ギャラリー
4/28日(土)・29日(日)
松本市中町、蔵シックにてお待ちしております。

 

 

3月20日(火) くもりときどき雨

 

京都風土さんの展示会、19日に終了しました。
見てくださった皆様、本当にありがとうございました。

先週から雉さまがかまびすしく鳴き、ぱたぱた飛んでいます。
冬の間どうしていたんでしょうね。

2018カレンダー、5・6月をアップしました。

蝸牛は、4/28(土)・29日(日)の松本出張ギャラリーからはじめます。
いつもの蔵シック館で、木の匙金城さんと木曽蝸牛の合同展です。

木の匙はジャム匙、食事匙他、蝸牛からは竹工芸閑の籠、古物の籠、ねこはんてん等々
詳細は追ってお知らせいたします。

ご都合よかったら、春の松本散策がてらおでかけください。

5月3日(木)から木曽上松の店舗でopenします。
木、金、土、日、10時30分~17時の営業です。

Picture1

自宅の居間です。