カテゴリー別アーカイブ: 蝸牛にて

3月5日(日) はれ

春の香りが少し

春になるとき、春が来るという言い方よりも来たという感じのほうが合っている気がする。
瞬間、あ、春来たっていうか。
渡り鳥も、それを感じて飛び立つのかなと思ったりしている。

今日は、西の谷へ
蝸牛の開店、前準備
同じ町でも東と西とでは、残雪とか香りとか、なんか違うんだよね

自宅のある東は、ほとんど雪もなく
すり鉢をあたるように東の山を降り町場へ着いて、そこから又西へと上ると、雪の残る景色が出てくる。

3-51 3-53

どこかしら、のどか
ほっとする

ガラリと玄関を開け、

とんとんと階段をあがる、

3-52

雨戸をあけて冬の時間の空気を流してきました。