カテゴリー別アーカイブ: 飯事

9月1日(金) はれ

南蛮という野菜、青唐辛子かな

8-8w

これは中辛南蛮
大辛とか辛とかあって 、木曽に来て知った野菜
これの醤油漬けを毎年作る

8-87

瓶に南蛮と人参を切って入れ、醤油1:酒0.5:みりん0.5(お好み)の煮切った漬け汁を注ぐ
冷蔵庫で日持ちします
半年くらいはいけてると思う
にんにく入れてもおいしい
 
8-8p

今年教わった
南蛮と茗荷の醤油漬け
醤油にちょっとの酢を回し入れ漬けます

漬ける南蛮は中辛のバナナ南蛮が合っている気がします
肉厚で歯ごたえがあるから

 

この間、某木工家の伴侶のホチマミが、東山食堂に行ったと
アジアの匂い満載で、皆集中してわしわし肉を食べる
ご飯も、こんなに食べれるのかというくらい食べれる
〆はラーメン
会計するとき、もれなくソフトクリームがついてくる
おすすめと言う
東山食堂、以前から気になっていて、いつか行かなきゃと思っていたので
絶対行こうと思います
爆発的な食をしたいので、ラーメンも頼むつもり

そしてこの間、松本で入ったお店にミニコミ誌「てくり」があったので買いました
醤油漬けを傍らに、東山食堂を片隅に、てくりを読みました

やっぱバランスが大切かもしれない

 

8月8日(火) あめ

台風は過ぎた感じ
そんなに、風雨もなかったような
最近はピンポイントで豪雨になるようで
どこでどれだけ降っているのかちょっと分からない

私は大分出身で、ひと夏に幾度も台風が通った
家の横の坂道を轟々と流れる水の荒々しくて
ばたばたとせわしなく雨戸を閉める、いつもと違う大人の動き
夜になれば停電して、ろうそくの火を囲む
幼いころ、台風がくると聞くと少し心が躍った

木曽は台風が少ない
高い山の連なる案配なのか、あんまりこない
地域によって、ほんと違うんだなと思う

このところ天気が定まらず
天気予報が、やけに当たらなくて
晴れマークが続いているかと思いきや
翌日には、くもりの連続に変わっていたり
予報は一時豪雨になっていたのだが、一日晴天だったりと
いよいよ申し訳なさそうに曇りマークの連続が、自信なさげできのどくい

梅を干したかったのです
三日連続晴れるはいつよと

とうとう風のにおいと雲の出具合で判断いたしました

一昨日、店で三度目の干しを果たしたのでした

8-81q

白梅干しです

赤梅干しは、自宅で飯島に干すよう頼みおく
くれぐれも雨にぬらさぬよう、梅をひっくり返す時にやぶらぬよう

梅仕事、無事終了。

梅干し、あんまり食べないんですけど
この仕事が面白くて面白くてしょうがないのです。
あと、赤紫蘇を刻んでいれたおにぎりが好きで、それが食べたくて梅干しを作ります。

そしたら、こんなページを見つけました
 番外: おにぎり用の赤紫蘇漬け

とりあえず来年は、赤紫蘇を畑で育てようと思います。

7月22日(土) はれ一時あめ

22-3

デジカメラのボタンを一つ触ったら、あれよあれよと訳わからなくなってしまった
戻し方もわからず
機械音痴なので、何も触らずにきたのですが、なんとな事になってしまった
ちゃんと撮れたり撮れなかったり
そのうちなんとかなるでしょう

店内です

22

7-172

22-6

7-173

小栗蔵太
ジャムヘラ、カレーヘラ、シチューヘラ
寸胴用のヘラ etcヘラ
菓子きり
しゃもじ

2,300円~26,000円
黒檀と栃の縮緬杢の剥ぎ、島桑とか材種によってのお代になっています

どうぞ、お運びくださいまし
ここでも30度超えましたが、湿度が低いのでクーラーはなくてすんでいます

ところでアチャールできました

22-5

気持ち粉っぽいのかなあな仕上がりになった
手書き説明に混ぜすぎると粉っぽくなりますと書いてくれていたので
混ぜすぎないようにとやったものの

今度は、あれより混ぜないようにすれば良いのだな

でも結構いける
好みでもあるのですが
時間が経ったら熟成して、もっといけてると思う
ぽりぽりぽりぽり、つまんでしまうので
熟成する前に、終わりそうな気もする。

7月20日(木) はれ

 

ようよう梅仕事がひと段落
梅干しと梅サワー、梅シロップ
そして梅醤油

好きなんだよね
黙々と保存を作るのが

瓶詰がことに
瓶にそそられて、そわそわしてきて、詰めたくて、それを保存したくてつくる

7-201

「ゆで卵と玉ネギのピクルス」と「ミントにしょうがを混ぜたシロップ」
「魔法のびん詰め」の本の通りにつくる
卵は6個入っています。
これで、オープンサンドを作るとおいしい。
ミントシロップは、本のレシピを参考に、しょうがも混ぜてみてつくりはじめたところ。

去年、知人に胡瓜のピクルスみたいなのをもらって、うっわ美味しいと思って
作り方を教えてくださいと言ったら、説明書きをスパイス付きでくれた
ものすご、分かりやすい
「アチャール」というそうだ

7-204

作りたく思ったものの

去年は胡瓜が
はずれた
畑に苗を2本植えて、2本しか生らなかったのでした

今年は、なんだか生ってくれているので
つくろうと思います

7-202

いまここ
今日は、胡瓜を干しました

あだこだ
あだこだ
やっていたら

ひぐらしが鳴きはじめた

7-209

 

 

 

6月13日(火) はれ

朴の木の葉が大きくなると、そわそわする
そろそろ葉を貰わなきゃとなるのです

6-13

50cmの幼木を庭に植えてから数年
今5mくらい
一昨年から、葉を使えるようになった

6-132

一枚の長さが40cm前後

今年の朴葉寿司を作る
わらびの醤油漬け、筍の煮物、きゃらぶき、鮭(ます)の酢漬けを前もって用意しておく
後は、その日にあるものの加減

6-133

左上の瓶詰、わらびの醤油漬けから時計回りに筍・ほうれん草お浸し・錦糸卵・ミンチ肉の甘辛・干し椎茸の甘煮ときゃらぶき・鮭の酢漬け・千切り生姜の酢漬け

6-134

6-1345

酢飯に具をのせる

6-137

6-136

これを包んで、い草でしばる

6-139

時期がくると作らないと気がすまない。
なんなんでしょうねぇ。

余った材料を全部のせて

6-138

まかない飯
いろどりはムシします。