カテゴリー別アーカイブ: ままごと

9月1日(金) はれ

南蛮という野菜、青唐辛子かな

8-8w

これは中辛南蛮
大辛とか辛とかあって 、木曽に来て知った野菜
これの醤油漬けを毎年作る

8-87

瓶に南蛮と人参を切って入れ、醤油1:酒0.5:みりん0.5(お好み)の煮切った漬け汁を注ぐ
冷蔵庫で日持ちします
半年くらいはいけてると思う
にんにく入れてもおいしい
 
8-8p

今年教わった
南蛮と茗荷の醤油漬け
醤油にちょっとの酢を回し入れ漬けます

漬ける南蛮は中辛のバナナ南蛮が合っている気がします
肉厚で歯ごたえがあるから

 

この間、某木工家の伴侶のホチマミが、東山食堂に行ったと
アジアの匂い満載で、皆集中してわしわし肉を食べる
ご飯も、こんなに食べれるのかというくらい食べれる
〆はラーメン
会計するとき、もれなくソフトクリームがついてくる
おすすめと言う
東山食堂、以前から気になっていて、いつか行かなきゃと思っていたので
絶対行こうと思います
爆発的な食をしたいので、ラーメンも頼むつもり

そしてこの間、松本で入ったお店にミニコミ誌「てくり」があったので買いました
醤油漬けを傍らに、東山食堂を片隅に、てくりを読みました

やっぱバランスが大切かもしれない

 

8月1日(月)曇りのち晴天一時どしゃぶり

竹の盛り皿を使っているところの画像をいただいた

8-1t

8-1w

縞瓜の粕漬の一工程
縞瓜を洗って、水切りしているところだそうです

「すべての行程が美しいと思う」と添えられてあって

それ読んで写真を拝見して
ほんとにそうだと思った

家で作り物しているときって、気負うでもなくて
独りで喜べるのがいい
地味なんですけども
仕事とまた違う居場所というか

仕事には、それ用の道具があって
自身には、自身の時を大切にできるそうした道具があって
時も道具もまた、静かだなあ

胡瓜を今日も干す
今年はほんとよく生る
晴天をにらんで干す

8-1q

干すには、縁の低い籠がいいのです
空気がこもらず抜けていける

梅を干すときは、竹皮が表面にある籠だと赤紫蘇の色が竹に染まらない
竹の内側が表になっている籠だと、竹は赤く染まります
気にならなければ何ということもなく、籠が染まっても使うのに支障はありません
どう使いたいのかで選ぶのが良いのでありました

干すというアイテムでもう一つ

8-1u

小イワシをいただいて、唐揚げと甘辛フレークにし
中くらいのイワシは目刺しにと思ったら、曇天
冷蔵庫で干しました
深さのある籠で、ラップなしにそのまま冷蔵庫です

ちなみに、これはうちの籠ではありません
買いました

竹串も買いました

 

 

7月28日(金) 曇天

7-283

思いっきりよく曇天
梅雨の間、カンカン照り多く
梅雨明けから曇りだったり雨だったり

芋が掘れない
梅は、まあまだ漬けとく

ところで、飯島がサルビアの苗をいただいてきた
サルビアね、苦手なのです
小学生の時に、赤いサルビアと黄色マリーゴールドの凄まじい色の取り合わせを見ていらい苦手

花いっぱい運動のそれは、行った先々でよく目にする
もしかして他の取り合わせもあるのかもしれないが、こればっかが目に入るのだろうかしら

さて、持ち帰られた苗を見て赤赤赤赤いサルビアが浮かんで一瞬ひるんだものの
大切に育てられた苗、ご自分で種から育てておられることを知っていたので、大切にせねばと鉢に植えかえる

それで
頂戴したサルビアが花開いたら

7-28

涼しげに美しくしていてびっくりした

これを知らなかったら、サルビアは黄色とセットでああしたもんだと思い込んでいたでしょう
いっや目から鱗。

 

 

 

7月13日(木) 曇りから晴れへ

 

7-13

緑の色が好きで、この時季はこれを探し
見つけると摘む
しかも毎年

2016-3

2016’

2015

2015’

2004

2014’

2011

2011年7月

写真のストックを繰りつつ
なんとかの一つ覚えな気がしました

2012、2013年は、写真がないけど、挿してると思う

 

 

 

 

6月29日(木) くもり

今日からまた通常の営業です
余震がありますが、てかほとんど分からなくて地震履歴を見ては、あるんだなと思っています

木曽の面積は約1,600km²で、香川県の1,900km²とそう変わらなくて広いです
その90%が森林と言われています
郡内だと近いようで、無茶苦茶遠いようでもあり
それでも地盤は花崗岩が多い土地柄、警戒はしています
地震の後、大雨が来なかったから良かったなと思って
大雨が降ると尚更に土がゆるみますもんね

災害に関しては自分の中では、家屋の経年数を1つの指針としています
蝸牛のある家は、明治元年に建ったもので、その集落は皆、そのころに建てられた建築物です
自宅のある集落もそうで、150年がそのまま在るというのは、大きな被害に合わなかったという事だろうと考えております

遠方から足を運んでくださるお客さまもいらっしゃるので、今後も何かあったら自然の状況はこのHPであげていきたいと思っています
危険かなと思ったら、書きますね
こうした事は、はっきり事前に分からないので、震度4以上の地震やそれ以後の雨量とかで判断したいと思います
あと勘は、ご近所頼みです
まあ何しろ、自然の大きいところです

皆さま、ご心配をおかけしました!
大丈夫なのかと気にかけてくださった事、感謝しております。

6-29q

地震の次の日、雉様の声がしなくて姿もみえなくて、どっかに避難したんかなと思っておりました
その次の日に、クケーっとさんざめく子雉の声
いたんだと半ば安心して外に出ましたら
うちの猫が、追い回していました

失敗してふて寝しているところです

幸い、成功したことはありません。

 

 

6月21日(水) あめ

久しぶりの雨
晴れが好きだけど、梅雨は大切
畑に山にと降り注がれて、しっとりと育つ
ほんと、一雨の施す成長ったら
草花が作物が、ぐいと伸びる

家屋には、毎年同じ花を挿す
この時季のこの花が好きなのと

花を生けるという技を知らないので、一本勝負です
一種類しか挿せませんのでした
時々は二種類挿せます
花は、そこらで摘みます

6-218

6-219

6-213

 あやめやどくだみは知っているものの
多くの花の名前を知りません
聞いても忘れて、覚えられない
知らなくて支障がないものですから、覚えられません

6-216

山のあじさいと勝手に呼んでいます
山に生えているのです

6-217

この花は名前があるかもと
ググったらヤマアジサイというのだそうでした
小紫陽花ともいうそうでした
山のあじさいと呼んでいたわけだから
だいたい当たってるやんね

6-215

挿して
見て

おおっと思って
これ好きだ
を、繰り返しています。